優しさを受け取れなかった自分を責める罪悪感を手放そう

こんにちは、ももか(momohsphss)です。

久しぶりにカラーセラピーをするきっかけとなった大きな気づき

人が集まってくれる

仲良くなれる

好意をもってもらえる

助けてくれる

特別なことだったんだなぁ……って、とつぜんのパラダイムシフト

周りに人がいること

努力が報われること

温かく迎え入れてもらえること

興味をもってくれること

ずっとずっと受け取り拒否をしていた自分に気づきました。

受け取ることを拒むナニカが発動して、現状に満足することを禁止していたように思います。

もちろん、その瞬間は無自覚。振り返って改めて自分を見つめたとき「あれは拒否っているよな」と感じました。

人が手助けしてくれること。思いがけない結果が出ること。

あー、またか

そりゃ、そうだよね

どこか冷めた自分がいることに「そんな態度じゃダメじゃない?」と思っていた。

っていう罪悪感のパターンを崩すのが本題です

それでね

今回も「周りに人がいるって当たり前じゃなかった!特別なことが起こっていた!」と気づいた直後は、優しさを受け取れなかった自分を責める罪悪感でいっぱいに。

でも、ノートに書き出してみたら

あれ?いつものパターンじゃない?

と思ったんですよね。

社会人になってから定期的に、過去の自分を責めるパターンをくり返している自覚があって。

去年の夏に「恵まれコンプレックス」を手放して生き方を変えようと決めたところでした。

なんで、もっと人を大切にできないんだろう

あのとき助けてくれた人がいたのに、気持ちを踏みにじってしまった

ワガママで自分勝手なことをしちゃった

自分のことしか見えてなかった

わたしは、いつも人の気持ちに応えられない

恵まれているのに心が満たされない「恵まれコンプレックス」から卒業しよう

そうか、この罪悪感が苦しみの正体かもしれない。

ならば罪悪感を手放して、周りに人がいることに感謝して受け取ろうと決めたのです。

「何もしなくても人はいつもそばにいる」と当たり前に信じている。だからそういう現実になる。

すべてが奇跡だった

いつも奇跡が起きていた

仕事があることも

お金がもらえることも

人と生活できることも

社会と関われることも

良さをわかってくれる人がいることも

私には特別なことが起こっていた

であれば

人とすれ違うのも

どうしようもない人生の歯車

幸せとは

じゃあ、私の幸せとは?

そんなことを考えていたとき、ふと聴きたくなったのがbacknumberの瞬き。

あさぎーにょのカバーが好きなのでYouTubeで検索して再生。

号泣(;_:)(;_:)(;_:)

幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が

繰り返すようなものじゃなく

大切な人に降りかかった

雨に傘を差せることだ

back number~瞬き~

私の幸せ・成功とは身近な人を大切にできることだった。

そして小さな幸せをめいっぱい味わって「満足」できる心が欲しかった。

そういえば去年の11月から意図的に”安心感”を探すようにしていたから、今回の気づきにつながったのかもしれない。

優しさを大切にしたから「優しさ」が返ってきた

罪悪感を手放すと決めて、大好きな服部カウンセラーのブログを読みまくって。

「なぜ、周りの人は優しくしてくれるのか?」

「なぜ、そこまで罪悪感を感じるのか?」

そんなことを自分に問いかけたところ

私自身が”優しさ”を大切にしたから、相手も”優しさ”でお返ししてくれたんだ!

と思いました。

であれば

ずーーーっと、人に伝えたいことだと思っていた「ひとりじゃないよ、みんなココにいるよ、一緒に楽しもうよ」というメッセージは、自分にも言いたいことだった!

小学校1年生の通知表

受け取れない自分を責めて「ごめんなさい」と罪悪感をもつのではなく。人に頼って感謝して生きていこう。

4年前もやってた「助けて」って言うチャレンジ

約4年前の記事で「助けて」って言うチャレンジをしていた痕跡がありますが。

何も考えることがなくなって、はじめて

わたしは家族に愛されていた。両親は精一杯与えてくれていた

と気づいた

仕事を再開してから

思い切って仲間に「助けて~」と言って、お願いするチャレンジもしてみた

みんな、すごく優しかった

助けたくてウズウズしてたのだと、体感できた

「助けて」って言うチャレンジ

このときは一瞬だけ体感したものの、真正面から人の優しさを受け取る勇気までは出なかったみたい。

ん?ちょっと違うか。

こうして何度も向き合って「受け取る器」が広がってきたのかも!

ってことにして

優しさを大切にしている自分も

同じように優しさで返してくれる周りの人たちも

感謝して受け取ろう!