魔法の杖再購入その後「答えは黒い髪の女性が知っています!?」

こんにちは、ももか(momohsphss)です。

去年の5月、ふと昔使っていた本が気になってGoogleでタイトルを検索し、再購入しました。

検索ワードはこちら↓

深呼吸してページを開くと必要な言葉が出てくる本

深呼吸してページを開くと必要な言葉が出てくる本
著:ジョージア・サバス, 翻訳:鏡リュウジ

正式名称は「魔法の杖」

Googleすごっっ!っていう報告をしたのが前回の記事。

今日はその後の話です。

けっきょく自分で判断して動くだけでは!?

再購入の直後はウキウキで開いて「うわっ!ドキッとするな!」なんて楽しんでいたけど。

正直……使いこなせていない気がします。

日に日に募る不信感。質問の仕方が違うのかな?

本に書いてある説明では、「YES or NOで答えられる質問を心のなかで唱える」とあります。

でね、私は毎回、質問を浮かべるとき同じ考えが頭をよぎるんです。

YES or NOの二択を考えるくらい質問が明確になっているなら、あとは自分で判断して動くだけでは!?

信頼してないよね!笑

たとえば(実際の質問は全然違う内容だけど)例に出すと

  • 今月は外出を控えた方がいいですか?
  • ○○さんの話を聞くのは今がベストですか?
  • 折り畳み傘は用意した方がいいですか?
  • お昼ご飯はオムライスを食べますか?
  • あなたは人間ですか?

って感じで、自分のなかで「問い」を明確にする時点で、モヤモヤの原因が晴れていくので。けっきょく

本に聞くまでもなくない!?自分で決めればいいだけじゃない!?

となって、質問がなくなる(泣)

それでも開きたい気分になるときがあって。信頼関係が築けずに、疑ってビクビクしながら使っている自分がいるんです。

その理由は正直

出てくるコメントが怖い!!!

もちろん良いコメントもあるけど、辛辣に感じるコメントもあって。読んでるとダメ出しされている気持ちになる。。。

あと「NOって出ると落ち込むからYESって出て欲しい」というエゴが働いて、本を開くのが怖くなっちゃう。

考えすぎ?笑

うーん、やっぱり質問の仕方が違うとか。単純に使いこなせていないだけ?

で、日を追うごとに「い、いま、このタイミングで頼っていいものか……」なんて、本にも気を遣っている!!笑

魔法の杖のイメージは、話すと背筋が伸びて身が引き締まる、学校の先生って感じ。

命令形の言葉も出てくるから、その辺りが個人的に先生っぽいなと感じるのかも。

本が悪いわけじゃなく、私の使い方とか目的の問題なんだと思います。

夢見がちな言葉だけじゃなく、厳しくも愛ある言葉が欲しい人には重宝しそうな気がします。

はじめての答え合わせ

そんな先生と過ごした、ある日。

とある質問をして開いたページに「答えは黒い髪の女性が知っています」との言葉が。

魔法の杖

これ読んで、さいしょに浮かんだのは姉でした。

うーん、連絡取ってみる?

でも、なんて話そう…

内容が内容だけに、躊躇して。頭の片隅で「黒髪の女性か~」と思いつつ、アクションには移せず。そのまま数日が経ちました。

そして質問の内容すら忘れた先週。

ずっと気になっていたけど、なかなか踏み切れなかったことにチャレンジしたのです!!

その相手がなんと黒髪の女性!!

帰宅してから、ふと「あれ!?本に書いてあったよね!?」と気づいてハッとしました。

はじめて答え合わせできて感動(泣)

先生ありがとう。

その女性の正体とチャレンジについては次回♪