「HSP気質を活かした仕事がしたい」の危険性

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

HSPを知ったばかりの人は、よく「気質を活かした仕事がしたい」と適職を探しています。

自分にピッタリの天職を探し求める気持ちはよくわかります!

HSPにとって働くことは心の充実感につながるからこそ、危険性もしっかり把握しておいてください。

気質を仕事に活かすとは?

気質を活かしたいとは、「日本人を活かしたい」とか「女性を活かしたい」と言っているのと同じです。つまり、個人差を見落としているんですね。

適職とは気質だけでなく、性格、環境、能力、経験など、異なる角度から総合的に見て判断されるものです。

何度も挫折していると自分が信じられなくなって、意思決定を誰かに丸投げしたくなりますよね。

気持ちはすごくわかりますが、本音は自分に合った仕事がしたいのだろうし、もっと言えば心からやりがいを感じて仕事がしたいだと思います。

天職・適職探しをするなというわけじゃなくて。

誰かが「あなたにぴったりの仕事はこれです」と教えてくれたとして、素直にその道に進みますか?

たとえ気質的に向かないとされる仕事でも、本気でやりたいことが見つかって、取り組み続けられる方法を身に着けたほうが良くないですか?

「HSPと適職」で視野が狭まる危険性

HSP気質を活かして仕事をするというと、なんだか魔法使いのような特殊能力が備わっている印象を受けるのは、私だけでしょうか。笑

これだけ耳が痛い現実的な話をするのは、私自身が『HSPと適職』に踊らされた時期があるからです。

HSPを知ったとき「私は人と違うから、気質に合う仕事じゃなきゃダメなんだ」と考えていました。

適職診断や性格診断などをやりまくって、なんとか自分に合った仕事を探すけど、どれもピンとこない。

ネットで【HSP 仕事】と検索すると、職業名がズラズラと出てきましたが「やりたい!」と思うものは見つかりません。

これって、HSPによって視野が狭まった状態なんですよね。

仕事探しの前に優先すること

気質は単なるDNAの情報に過ぎません。

敏感さや刺激に対する反応は、環境、年齢、体調、精神的ストレスなどによって日々変化するし、個人差もあります。

仕事で悩んでいる人も、まずは生活の中で刺激対策を複数持つことを優先してください。ストレスへの対処方法が増えれば、自信がついて選択できる職種の幅が増えます。

気質を仕事に活かすとは応用レベルなので、まず繊細さを自分で扱えるようになりましょう。

【気質×性格×能力=個性】という方程式に当てはめて、自分らしさが明確になると確実に生きやすくなります。

 

◇関連記事◇

関連記事