感情を掴む練習

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

感情・思考・行動を区別できるようになると生きやすくなります。

適度に自己主張しつつ、コミュニケーションが取りやすくなるので、人間関係も心地よくなる。このシリーズでは、4回にわたって感情の扱い方を解説していきます。

第1回は、感情を掴む練習です。

シリーズ全体

①感情を掴む練習

ネガティブな感情の考え方

ひとり反省会から思考の癖を見つける

感情が爆発する「大人の反抗期」の過ごし方

感情のグラデーションを掴む癖をつける

自分の意見を抑え続けると、感情キャッチのセンサーが埃を被ってしまうんですね。

そこで、気持ちを言葉に置き換える練習をしてみましょう。

次の中から、今の気持ちに当てはまる言葉を選んでみてください。

気持ちを表す言葉
楽しい、嬉しい、ワクワク、寂しい、悲しい、不安、怒り、悔しい、恥ずかしい、うんざり

日常生活で感情を表す言葉を見つけたら、メモしてストックしておくといいですね。

慣れないうちは時間がかかるし、どれを選んでもしっくりこないでしょう。今まで感情に無頓着だった人ほど、違和感は大きいはず。

継続していくうちに、素早く気持ちと言葉を結びつけられるし、感情は1つの言葉だけで説明できないと気づきます。

感情を言葉に置き換える練習をすると、グラデーションに気づけるんです。

いまの気持ちは何パーセント?

感情のグラデーションは、言葉以外に強さ(%)もあります。

たとえば、同じ『赤』でも、明度と彩度が異なると見え方も異なりますよね。

画像はこちらからお借りしました

感情も同様に強弱というグラデーションがあるのです。

そこで、1日を時系列で振り返って、感情の強さをスマホや紙に記録していきましょう。

「朝のドンヨリした気持ちは言葉だと何に当てはまるの?」と振り返るところから始まって。「朝も夜もドンヨリだけど違いは?」と比較していく。

こちらも、慣れないうちは苦戦すると思います。

続けると、少しずつ人に気持ちが言えるようになり、人間関係は暖かく穏やかになります。

続き→ネガティブな感情の捉え方について

無料アプリを使うと気軽に取り組めます!▽

HSS型HSP気質な個性研究家|心理分析士|気質と性格から『個』の『性質』を知り、自分らしいライフスタイルを作る方法を発信中

関連記事