気質と性格を知って自分らしいライフスタイルを実現する

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

気質と性格を理解すると、生きづらさの解消だけでなく継続して能力を発揮できるので、自分らしいライフスタイルが実現につながります。

人や環境に振り回されない自分軸が作れるので、困難な状況や挫折を経験しても自力で回復して前に進むストレス耐性ができます。

つまり風になびく稲生のように揺れても折れない【しなやかな心】になるのです!

自分らしいライフスタイルに必要な心の要素

自分らしいライフスタイルを実現するには、自己肯定感を土台とした3つの心的要素が必要です。

  1. 自己肯定感
  2. 人との関わり
  3. 能力発揮

この3つの要素はピラミッド状になっていることが理想です。健全な心の成長とは、ピラミッド全体を大きくしていくこと。

揺れても折れない『しなやかな心』とは、ピラミッド全体の大きさが変化しても、各要素の比率は変わらない状態です。

成長に伴って新たな課題に直面すると一時的にピラミッドが小さくなりますが、自己肯定感の比率が大きければ、再び自力で拡大できるのです。

これが『しなやかな心』の正体です。

生きづらさはピラミッドのバランスが崩れた状態

生きづらさとはピラミッドのバランスが崩れいている状態です。

自己肯定感の土台がないまま人間関係や能力を改善しても、不安定で些細なことでバラバラになってしまいます。

すると、

  • 仕事が続けられない
  • 人との距離感がわからない
  • お金を稼いでも人が信用できない
  • 恋人がいても孤独感が消えない

こうした心の状態につながり、「生きづらい」という感覚になるんですよね。

生きづらさの解消とはピラミッドのバランスを整えて、一時的に小さくなっても自力で再拡大できるようになることです。

気質と性格を理解すると全てに使える!

気質と性格を理解すると3つの要素全てに使えます。ピラミッドのバランスを整えて、さらに大きくできるのです。

  • 「私はそのままで価値があるんだ」という感覚
  • 自分と相手の違いを理解したコミュニケーション
  • モチベーションが高まりやすいものの特定

こうした一般的には別々の分野で扱われるような心の領域に対して、どんどん応用していけるのです。

 

気質と性格を知ると人と違う自分の感性を受け入れ、それが発揮できる場所を特定できるんですね。

自らの課題と向き合うために悶絶する時期もあるけど、試行錯誤を繰り返していくうちに、自分との絆が深まる。

だからこそ決してリバウンドせず、生涯を通して応用していける【生き抜く力】が身に着くのです!

関連記事