気質は人の価値を決めるものではない

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

ご相談内容
HSP気質や、繊細で弱い自分からずっと目を背けて、逃げてきたことが生きづらさの原因じゃないかと思いました。ありのままの自分、繊細で弱い自分を受け入れていきたいと思っています。

HSPを通して弱い自分を受け入れる?

気質って単なる遺伝子の情報なので、それ以上でもそれ以下でもないんですよ。

HSP気質は人の価値を決めるものではないです。だから、HSPを通して弱い自分を受け入れるという流れに違和感を持ちました。

混同しがちですが、『気質』と『性格や能力』を同じものとして扱うと本質からズレます。

気質→遺伝子の情報

性格→ネガティブ、ポジティブ、弱い、強い

能力→できる、できない

だから、HSP気質・性格・能力、を同列で考えないで欲しいです。

HSPと非HSPの違いは能力の差ではない

アーロン博士は、内向型へのネガティブな印象に違和感を持って、HSP研究を始め「脳の仕組みが違うだけだった!」と気づいたのです。

能力の差による【内向型・外向型】というイメージを払拭するために、HSPと名付けたんですね。

背が高い低いと一緒です。

ドーパミンが出やすい、セロトニンが少ないといった脳の仕組みが、HSPと非HSPの差です。

ドーパミンが出やすいので興奮しやすく、衝動的な行動に繋がる。セロトニンが出にくいから不安を抱きやすく、行動するのに時間がかかる。

それだけなんですよね。

  • ○○ができる
  • ○○ができない
  • 心が弱い

などは、性格や能力の話になります。

「HSP」と「弱さ」は別物

HSPを受け入れるには、体の仕組みを理解して腹落ちさせます。

弱さを受け入れるには、人それぞれ定義が違うことを理解しましょう。

感情的になる私は弱い
感情が出せない私は弱い

どちらも【弱さ】の悩みです。

だから、

「自分が思っている弱さって何?」

「どういうところが弱いと思ってる?」

「弱い人ってどういう人?」

と具体的にイメージする。

そして、イメージ通りに思い切って人前で振舞ってみると、弱い自分がいてもいいんだと体感できます。

ありのままを受け入れるとは

ありのままの自分を受け入れるとは、何かをすることでもないし、何かをやめることでもないです。

何もしてない、何も行動していない【今】が、ありのままなので。

これを読んでいる【今】です。

  • グチグチ考えちゃう自分
  • やりたいことが続かない自分
  • 強がっちゃう自分
  • 弱さを隠したくなっちゃう自分

それがありのままですね。

HSP気質と性格・能力の違いがわかると、仕事に関するヒントが見つかるので、そこから始めてみてください。

 

再生ボタンを押すと音声が聞けます。

関連記事