• HOME
  • 自己分析
  • 【文字起こし】気質は人の価値を決めるものではない

【文字起こし】気質は人の価値を決めるものではない

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

今回は、混同しがちな『HSPと弱さ、性格と能力』の違いについて話しますね。

今回取り扱うご相談内容

雑記ブログで『繊細で弱いHSPを受け入れてありのままの自分で生きていきたいです』っていう記事を書いたんですが。

どういうご相談だったかというと、「組織で働くことができなくて、色々自分で稼ぐために挑戦してみたけど、どうしたいいかわからなくなっちゃった」というところから入って、

HSPっていう気質とか、『繊細な自分』『弱い自分』からずっと目を背けて、逃げてきたことが生きづらさの原因じゃないかと思いました。
ありのままの自分を受け入れて、繊細で弱い自分を受け入れていきたいと思っています。

っていう内容だったんですよね。

HSPを通して弱い自分を受け入れる?

ここでタイトルの話になるんですけど、私が改めてお伝えしたいのは、気質って単なる遺伝子の情報なので、それ以上でもそれ以下でもないんですよ。

なので、HSP気質は人の価値を決めるものではないってことですね。

だからね、HSPを通して弱い自分を受け入れるっていう流れが、ちょっと私は違和感を持ったっていうことですね。

 

HSPを知ったばかりの方だとよく混同しがちなんですけど、『気質』と『性格や能力』を同じものとして扱おうとすると本質からずれちゃうんですよ。

気質はさっき言ったように、遺伝子の情報です。性格とか能力って何かって言うと、性格はネガティブとかポジティブとか、弱い強いとかです。能力で言うと、できるできないとかそういうものになりますね。

だからHSP気質と、

  • ネガティブ、ポジティブ
  • 弱い強い
  • できるできない

そういったものを同列で考えようとすると「ちょっと違うよ」ってことが言いたいです。

HSPと非HSPの違いは能力の差ではない

アーロン博士は、それまで心理学で研究されていた内向型に対するネガティブな印象に違和感を持って、研究を始めたわけですよ。

それで「脳の仕組みが違うだけだった!」っていうことに気づいて、能力に差があるから内向型とか外向型っていうイメージを払拭するためにHSPっていう名前を付けたんですね。

なので、背が高い・低いとかと同じように、脳の(私もあんまり詳しくないんですけど)神経伝達物質、ドーパミンが出やすいとかセロトニンが少ないとか、そういう脳の仕組みですね。

そこが違うだけ。それが、HSPと非HSPの差っていうことなんですよ。

 

ドーパミンが出やすいから興奮しやすくて衝動的な行動につながっていく。セロトニンが出にくい(少ない)から不安を抱きやすくて、行動するまでに時間がかかっちゃう。

それだけなんですよね。

そこに、

  • ○○ができる
  • ○○ができない
  • 心が弱い

とか、そういうものをくっつけると、ちょっとね色々間違った方向に行っちゃうんですよね。そこはもう、性格とか能力の話になるので。

さらに、そこから発展して仕事の話ってなると能力がついてくるので、本当に個人個人ひとりひとり答えは違ってくるっていうことですね。

【参考】「気質・性格・能力」の個人差と、HSS型HSPの2タイプをマーケティング理論で説明する

「HSPを受け入れる」と「弱さを受け入れる」は別物

私もラジオの第2話から第4話で【HSP気質を受け入れるまでの流れ】っていうのをお伝えしたんですけど。

HSP気質を受け入れることと、相談者さんが言っているみたいな弱さを受け入れるっていうのは、イコールではないです。

HSPを受け入れるっていうのは、自分の体の仕組み(脳の仕組み)を知る、「それが自分なんだ」と腹落ちさせることです。

弱さを受け入れるってなると…ちょっとね…私も今回ここでお話するにあたって、色々考えたんですけど。

弱さって人それぞれ定義が違うんですよ。

 

感情的になることが弱さだって思っている人もいるし、感情が出せないのが弱さだって思っている人もいるんですよね。

だから、もし弱さを受け入れることが自分の課題だって思っているのであれば、

「自分が思っている弱さって何だろう?」
「自分のどういうところが弱いと思ってるんだろう?」
「自分が『弱い人』だと想像している人ってどういう人なんだろう?」

っていうのを、まず具体的にイメージするところから始めて、そういう人になりきってみる。

思い切って人前で出してみると、「そういう自分がいてもいいんだ」っていう風に思えるんじゃないかなと思います。

ありのままを受け入れるとは

ご相談にもあった通り、ありのままの自分を受け入れるって、何かをすることでもないし、何かをやめることでもないんですよ。

何もしてない、何も行動していない、【今】の自分がありのままなので。

現在(いま)、この音声を聞いている、【いま】です。それが、ありのままの自分です。

  • グチグチ色々考えちゃう自分
  • やりたいことが続かない自分
  • 強がっちゃう自分
  • 弱さを隠したくなっちゃう自分

それがありのままですね。

 

今日は、【HSP気質と性格・能力の違い】について改めて説明しました。

そこの違いがわかると、もうちょっと仕事だったりとか、自分の能力に関係する悩みについて、何かヒントが見つかるんじゃないかなと思います。

最後まで聞いて(読んで)いただいて、ありがとうございました。

※音声はこちらから聞けます。(再生ボタンを押すと始まります。)

HSPHSS専門メンタルトレーナー|気質×性格×能力=個性|少数派な内面を持つ人の笑顔と自信を増やすサポートをしています。

関連記事