HSS型HSPの生きづらさ解消と能力発揮の4ステップ

HSP(HighlySensitivePerson)は、アメリカの心理学者であるエレイン・アーロン博士によって提唱された気質で、人口の20%に存在します。

HSPは、人の気持ちを自分のことのように感じる高い共感力や、出来事や感情の些細な変化を察知して深く処理する敏感さを持っています。

さらに、HSPの30%(=人口の6%)にHSS型(HighSensationSeeking)が存在します。

HSSは心理学者のマービン・ズッカーマンが提唱した気質で、新奇な経験を好み、行動せずにはいられず、大雑把さと大胆さを持っています。

 

HSS型HSPは、『HSP気質の繊細や敏感さ』と、『HSS気質の新奇探求性と大胆さ』という相反する両極端な性質から、複雑な内面に振り回されがち。

自己肯定感、人間関係、仕事といった問題を抱えているんですけど、何しろ内面が複雑なので、どれか1つだけ解決させようとしても、他の問題が邪魔をしてブレーキをかけます。

そこで、4つのステップを順番に踏んでいくことで、生活は楽になり、充実感を得ながら仕事を続けることができます。

 

ここでは、あなたが今どのステップにいて、次にどんなアクションをすれば良いかチェックしてみましょう。

あなたの現状によって、必要な行動は変わってきます。

下のチェックリストで、当てはまる項目が多いステップが現在地です。

【当ブログの表記について】
HSPHSSと並べているときは、「HSPやHSS型HSP」という意味で使っています。
HSS型HSPとしているときは、「HSS型HSPのみを指す」場合に使用しています。

 

【ステップ1】気質を知る

  • HSPHSSという言葉は知っているが特徴は説明できない
  • HSPの『敏感さ』や『繊細さ』の原因がわからない
  • HSS型HSPと外向的なHSP非HSSの違いがわからない
  • 内向的/外向的とHSPの違いがわからない
  • HSPHSS気質が自分にどうプラスに働くのか想像できない
  • HSPHSS気質を生活に取り入れるイメージが湧かない
  • 繊細で気にしすぎる気質だから人に振り回さてると思う
  • 自分の気持ちを言葉にできない
  • 体の力を抜く感覚がわからない

【このステップでやること】
まずは、基本的な気質の特徴を知りましょう。ただし、『量より質』を重視してください。

HSP関連の書籍を1冊購入したら、隅々まで読み込みノートにまとめ、人に説明できるレベルにすることが大事です。

私のオススメは、こちらのシリーズで紹介しています。

 

それから、内向的/外向的と、HSPHSSの違いは初心者の方が迷いやすいところです。

当ブログの1番人気の記事『HSPとHSSとHSEの違いがよくわかんないから比較してみる』が参考になるはず!

また、「HSP=弱さ」としてしまうと、自己否定が強まる傾向にあるので注意してくださいね。

 

【ステップ2】自分を満たす

  • 五感を意識して生活する習慣がない
  • 体の声を聴く方法がわからない
  • 自分がHSPHSSだと納得しているが具体的な行動が思いつかない
  • 抱えている問題と『繊細さ』や『敏感さ』の関係性が見えてきた
  • なんとなく必要なことがわかっている
  • 繊細さを思いきり出してみようという気持ちが湧いてきている
  • やりたいことのために気質と向き合う必要があると感じる
  • 過去のトラブルや失敗の理由が気質と関係していると感じる

【このステップでやること】
気質を通して自己理解を深めるために、五感を意識して体の声を聴きましょう。やりがいのある仕事や、充実した人間関係を作るには、『満たされた自分』という土台が必要です。

敏感さには個人差があるので、『どんな刺激に、どれくらい晒されると限界なのか?』というデータ収集をすることで、適切なダウンタイムの過ごし方がわかります。

体の声を聴くことに慣れてきたら、感情を掴む練習もしてみましょう。やり方は『認知行動療法シリーズ』でご紹介しています。

 

【ステップ3】人との違いから得意を見つける

  • 感情が穏やかな日が続き落ち込んでも素早く回復できる
  • 関係の浅い人にも「私は○○が嫌い(苦手)」と言える
  • 他人の愚痴はたいてい聞き流せる
  • 心身の状態から回復にかかる時間を予測できる
  • 自分が喜ぶ自分の甘やかし方を知っている
  • 過去の問題やトラブルは気質を理解することで清算できた
  • 自分の能力と気質の関係性がわからない
  • 「できる」と言葉にするのに抵抗がある
  • 飽きるのが怖い

【このステップでやること】
自分と違うタイプの気質を理解して、本来持っている能力を受け入れる段階です。基本的な自分軸ができている状態なので、人との違いを冷静に受け止めることができます。

たとえば、あなたが内向的なHSS型HSPなら、外向的なHSS型HSPの長所短所が理解できると、自分の持っているもの(=得意なこと)が見つかりますよ。

HSEチェックリストでは、気質だけでなく性格の部分(外向的・内向的)の違いもわかるようになっています。

 

【ステップ4】好きで得意な能力を磨く

  • 自分と相手の良いところを同じくらい見つけられる
  • 失敗して反省してもすぐに気持ちを切り替えられる
  • モチベーションを高める方法を複数持っている
  • 苦手なことを人にお願いできる
  • こまめに弱音や愚痴を吐いている
  • カッコ悪い姿を見せて落ち込んでも素早く立ち直る
  • 自然とできちゃう「こんなの価値ないよね」と思うスキルがある
  • 何度も遠ざけようとしてもなぜか巡ってくる社会的役割に気づいている

【このステップでやること】
HSS型HSPは行動的で思いやりがあるので、リーダーに抜擢されたり、仕事で高く評価されたりする傾向にあります。ぶつ切りのキャリアでも、転職回数が多くても、そこから『共通点』を見つけましょう。

体力も気力も消耗しやすい気質なので、好きで得意な能力を伸ばした方が、結果的に大きく成長することができます。

HSS型HSPの働き方は、こちらで紹介している書籍が参考になります。

また、ロールモデルを見つけるとモチベーションにもつながります。私の独断と偏見でHSS型HSPだと思う芸能人を分析しているので、参考にしてみてください。

 

やればやるほど自分を好きになる

ここで紹介した流れは、私が実際に生きづらさを解消して現在に至るまでに必要だったステップです。

実は、ずっと自分が嫌いで何をしても自信がなくて、どこか心にポッカリ穴が開いている気がしていました。

居場所がない・・・ずっとそう思っていました。

色んな心の病名が付いて、頑張って努力しているのに、心も体もボロボロになってしまう。

そんな自分を変えたくて、「どうしたら、HSS型HSP気質の特性を使って問題を解決できるかな?」と工夫し続け、1つずつ乗り越えました。

私のやり方は、やればやるほど自分を好きなる方法です。

今回紹介した4つのステップの詳細は、無料メルマガで解説しているので。こちらもご覧くださいね↓

無料メルマガはこちら

HSPHSS専門メンタルトレーナー|気質×性格×能力=個性|少数派な内面を持つ人の笑顔と自信を増やすサポートをしています。

関連記事