エニアグラムのワークショップで泣きました。性格って3Dなんだな~

こんにちは、ももかです。

毎月エニアグラムのワークショップに参加してるんですが、前回とくに!!!

私にとって大きな収穫がありました。

いままで、なるべく個人差を見落とさないようにしたり、タイプでレッテルを貼らないように意識していたけど。性格の奥行を感じられて、2Dから3Dになった気分。

ワーク中に泣く

タイプは線でブチっと区切れるわけじゃなく、それぞれの要素が掛け算式に影響して、その人の行動や思考背景を形作ります。

先日のエニアグラムワークショップは、このダイナミズムを勉強する回でした。

ストレス時にどうなるか、成熟するとどうなるか、そんなことを教えてもらいながら、自分自身も振り返るような内容です。

で!!まさかの!ですよ!

ワークの時間に泣くっていうね。笑

びっくりした~
予想外だった~

自分の多様性を認める

ワークでは、自分のなかにある多様性を体感できました。

ずっと両極端な性質の扱い方がわからなくて、「自分のことをシンプルに説明できるようになりたい」とか思ってたんですね。

エネルギッシュに行け―――!となる面と、とてつもなく自信が持てない面。

おおざっぱに見切り発車したかと思えば、ひとつのことが何日も気になって、時間を浪費した気分になる。どれか1つに統合できれば、扱いやすくなるのでは?とも、思ってた気がする。

だけど今回のワークショップで、どれも私のなかにあっていい。全部ひっくるめて私なのだということが、より鮮明になりました。

どのタイプにも二面性はある

もうひとつ、収穫がありました。他の人の話を聴いていると、どのタイプにも二面性があるなと。

私は長年HSS型HSP気質を軸に、自己理解を進めてきたけど。

MBTIやエニアグラムに触れていると、みんな相反する性質に葛藤し、迷い、悩みながら過ごしているってことが、見えるようになりました。

迷いや悩みのポイントはタイプで変わるけど、葛藤しているという現象は同じなんですね。

※互いの要素を強め合うタイプと、反発しやすい(葛藤が生まれやすい)タイプはあります。

どちらにしても、自分の多様性に触れると、他の人に接するときも寛容になれる気がします。

ダイナミズムは応用編といった感じですが、性格タイプの真髄でもあります。性格タイプは複雑かつ、わかりやすく内面を知れるところが魅力だなぁ、と改めて感じました。

それでは~

この記事が気に入ったら
フォローしてね!