ももかプロフィール

当ブログ『HSPHSS MENTAL TRAINING BLOG』にお越しいただき、本当にありがとうございます。

HSPHSS専門メンタルトレーナーももか(@momohsphss)です。

このブログは、HSPやHSS型HSP気質を持つ人が、【生きづらさを解消して能力を発揮するために必要な情報】をお届けしています。

ここで言う『生きづらさの解消』と『能力の発揮』とは、数は少なくても自然体で心から笑い合える人たちに囲まれて、独特な好奇心を満たしながら、穏やかに楽しむ生活を実現することです。

なので、広く浅く大量に人脈を広げて大勢で飲み会をしたり、パリピのようにワイワイするような『お祭り騒ぎでトレンドに乗りながら楽しむ』という生活スタイルを望んでいる人には向きません。

また、根本的な部分からメンタルの問題にアプローチして、確実な変化を促すために認知行動療法を推奨しています。

時間をかけてじっくり自分の弱さと強さに向き合って、場所や人が変わっても自分らしく過ごせる方法を探している人は読んでいただけると嬉しいです。

このブログに掲載しているノウハウは、主に私の実体験や実践ベースに基づいていて、原型は雑記ブログに掲載しています。

簡単な自己紹介

ももか/1988年埼玉県生まれ

人口の6%に存在するHSS型HSPという気質の持ち主。

真逆の性質を持つ自分の扱い方に苦労し、適応障害、摂食障害、仕事依存などの精神的な問題を抱えていたが、気質をベースにした認知行動療法を取り入れ全て解消させる。

2017年にブログでHSP気質に関する発信を始めると、読者から共感やお悩みなどのメッセージをもらうことが増え、TCカラーセラピーを利用して20名ほどの個別相談を実施。

LINE公式アカウント内でお悩み相談会を企画したり、HSPお話し会を開催した経験も。ブログで『お悩み相談室』として人生相談を受け付け、約40名に回答。

悩みの本質を分析し、現実的な解決策を提示することでクライアントの成長を促す姿勢に定評がある。

  • HSPHSS専門メンタルトレーナー
  • 派遣事務
  • 好きな食べ物:ジャガイモ、アボカド、チョコ、パンケーキ
  • 好きな漫画:ハンターハンター、るろうに剣心、3月のライオン
  • 趣味:カフェ巡り、ブログ、人間研究
  • 尊敬する人:アインシュタイン、羽生善治
  • 嫌いな時間:飲み会の後の「どうする〜?」から進まないやつ

漫画や本を読み始めると、飲まず食わずで5時間〜8時間集中し続けます。とにかく、わからないことを調べて、自分の言葉で人に説明するのが好きで、集団行動が苦手です。

占いや性格診断で出てきた、私を表す言葉をまとめてみました▷自分を表す言葉を集めてみた

いつも自信がなかった過去

簡単ですが、過去のお話。

高校1年生のとき適応障害になり4年間心療内科で治療しました。精神安定剤を飲みながら学校に通うのは本当にしんどかったです。

その後、大学で心理学を専攻し心理カウンセラーを目指しました。ところが、大学時代はバイトが楽しすぎて「進学して勉強するより、仕事したい!」と営業会社に就職。

就職先では、最年少女性管理職の記録を塗り替える活躍をしますが、心身ともに限界を迎え3年で退職。ここから転職ジプシーに陥り、気づけば10社8業種を経験します。

ずっと、仕事で評価されても、友達や彼氏がいても、いつも自分に自信がなくて、心にポッカリ穴が空いている気持ちで過ごしていました。

摂食障害や仕事依存(ワーカホリック)などに陥り、「扱いづらい自分が嫌い。居場所がない。」と思っていました。

どうにか現状を変える方法を模索していたときに、自分をHSS型HSPだと受け入れる出来事があり、そこから『思考の癖』や『認知』を修正する工夫を始めました。

すると、精神的な問題だけでなく、人間関係、仕事、お金、恋愛等の問題も芋づる式に解決することができたんです!

「わーい!悩みが全部なくなったぞー!」と思っていたとき、台風19号で祖母の家が浸水被害に遭いました。

高く積まれた瓦礫の山と、思い出がなくなったのにボランティアさんを気遣う従姉妹たちを見て、「私は今まで、自分のことだけで精一杯だった。これからは、できることがあるのに、見て見ぬ振りするのはやめよう。」と決意しました。

そして、生きづらさを抱えているHSPHSSが、その場しのぎじゃなく根本的なところから悩みを解消できることを目指して。自分が悪者になっても、必要なことをきちんと伝える相談役になろうと決めたんです。

【閲覧注意】災害の描写があります▷台風19号で親戚が被災。HSP活動への想いと今後について

確実に変化するために必要なことをする

私はこれまで、合計70人以上のHSPHSSの相談に乗っていますが、文章のみの『お悩み相談室』でも、クライアントさんの思考の深い部分に切り込むことを意識して回答しています。

1通の相談文から全てを読み解くので、あくまで私の主観での回答ですが、核心部分は外さないようにしています。

その結果、回答文を読んで自分なりに工夫したクライアントさんから、「転職先で自分らしく働けています」と近況報告をもらったときは、本当に感動します。嬉しくてニヤける!!!

この【本人には試練と感じることも、必要ならきちんと伝える】というスタイルが確立されたのは、ずっと小手先の対処療法を続けてきて、時間とお金を無駄にしてしまった自身の経験から「私と同じように負のループを繰り返す人を作りたくない」という気持ちがあるからです。

こうやって言うと、「冷たく突き放されるのかな…」と思われてしまうかもしれませんが、基本的には『必要だな』と感じた人にしか言いません。

私自身が共感されて励まされることの嬉しさを経験していますし、そのおかげで生きづらさ解消の1歩を踏み出せたので。ありのままの姿を受け入れてもらえる安心感がいかに大切かは身に染みて感じています。

ただ、耳障りの良い共感の言葉だけでは、心が成長しないことも知っています。

なので、「本人的にはツライだろうな」と思うことも、確実に変化するために必要であれば、きちんとお伝えします。

気質は改善せず活かすものという考え

私は適応障害で16歳から4年間心療内科に通いましたが、薬を飲んでも生きづらさは解消しませんでした。社会人になると、また適応できていない感に悩まされたんですね。

20代後半になって「本気で自分の弱さと向き合おう」と決め、

  • アダルトチルドレンカウンセリング
  • HSPカウンセリング
  • カラーセラピー

などを受け、思考の癖や認知を修正することで、4年かけて生きづらさを解消することができました。

その後は、8年続いた非嘔吐過食を自力で約1年かけて克服し、200万円あったリボ残高を完済し、マイペースに生活できるようになりました。

どうして生きづらさを解消できたのかな?と振り返ったとき、HSPHSSという考え方を取り入れて、自分の中にある『変えられない部分』と『変えられる部分』を明確にできたことが、大きなポイントだと気づいたんです。

この『変えられない部分』は、HSS型HSPという気質の特性からくる、「行動的で飽きやすい」とか「無理やりでも社交的に振る舞えてしまう」とか「堂々として見えるけど内心は臆病」といった面になります。

それまでは、「好奇心旺盛で行動的なのに、打たれ弱くて他人を振り回してしまうのはダメなことだから、改善しなきゃ」なんて考えて、必死に他の人みたいになろうとしていたんですね。

私は一生、適応できない障害と付き合っていかなきゃいけないの( ; ; )…?

と悩んでいたのですが、HSPHSS気質を受け入れたことで「なんだ!私は病気でおかしいヤツじゃなかったんだ!普通の人だったんだ!」と、本当に嬉しくなりました。

気質は持って生まれた遺伝子情報であり、そこに環境や経験といった後天的な要素が加わって、性格が作られます。つまり、気質とは「自分らしさ」の核なのです。

だから、改善するものではなく、個々の性格に合わせて活かすものなんです。

生きづらさ解消から能力の発揮まで

私にはいま、成長を楽しみにしている人がいます。それは、個別相談やお悩み相談に来てくれたクライアントさんたちです。

手取り足取り尽くすような献身的サポートが苦手なので、基本的には「自由にチャレンジしてもらって、本人が必要だと感じて助けを求めてきたら、全力で助け舟を出す」というスタイルです。

そうすると、自分の力でどんどん新しいことにチャレンジして、生きづらさを解消するだけでなく、本来の能力を発揮できるようになるんですよね。その姿を静かに見守り、ときに熱く励ますのが本当に楽しいです。

ラジオ始めました

文字よりもダイレクトにメッセージが伝わる音声で、ブログに書いていることを解説しています。

  1. 認知行動療法

    【認知行動療法入門①】感情を掴む練習
  2. 気質

    新しいことを始めるときの「HSS型HSP」と「非HSP」の違い
  3. メンタルトレーニング

    HSPを知ったけど「なんかシックリこない」と感じる3つの理由
  4. 気質

    HSS型HSP2つのタイプ「イノベーター」「コーディネーター」
  5. 気質

    HSS型HSPは「アクセルとブレーキを同時に踏んでいる」って、どういうこと?
PAGE TOP