人の目を見て会話ができないことを指摘されて涙が止まりません

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

今回は「目を合わせて会話するのが苦手で、指摘されると涙が止まらない」というメッセージをもらったので、回答していきます!

メッセージ

私は、人と目を合わせて会話をするのが苦手です。

聞き手になる時は、人の目よりも地面や壁の角を見ると聴くことに集中できます。

一方で、相手からすると不自然だし「大丈夫かな?」とか感じさせると思うので、意識的に目線を戻す事を心がけています。

でも、たまに「さっきから下ばっか見てるけど大丈夫?」「話していてムスッとするね」と言われるときがあります。

体型を馬鹿にされた時のような、どうしようもない気持ち、劣等感みたいなのが降りかかってきます。

指摘され既に涙目なのですが、会話が終わったとたん堰を切ったように涙が止まりません。

目は口ほどにものを言うといいますが、「あぁー焦ってるな」とか「他のこと考えてるな」という事まで伝わってきて、あまり見たくないです。でも、直したいです。

人の目を見るのが苦手

相談者さんの現象は、感受性豊かで些細な情報もキャッチする人にとって自然な反応と言えます。

目を見ようと思うと、眉毛や口角、表情筋など、顔のあらゆるパーツが発している情報が入ってきますよね。だから、地面や壁の角を見ると安心感があるのだと思います。

実は、私も目を見て話すのに大量のエネルギーを使います。

最初は知らない人と目を合わせるのが苦手だと考えていましたが、そもそも会話のときに人の目を直視したくない自分に気づきました。

ちょっとスピリチュアルっぽいですが。

目を合わせると相手の心の中と繋がって、勝手に思考が流れ込んでくる感じで圧倒されちゃうんですね。

直言葉以外の直観的な情報収集が得意なタイプにしか理解できない感覚なので、誤解されるんですけど。

全然おかしいことじゃないですよ。

直せることと直せないことを見極める

目からたくさんの情報を入れてしまうことは、体の構造上変えることはできませんが、だからダメってことはないんですよ。

テコ入れしたいのは、目を見れないことを指摘されて落ち込む思考の癖ですね。何かを指摘されて落ち込み、自分を責めてしまう部分です。

相談者さんに意識してほしいのは、今回のように心がザワついたときに、冷静に現状を分析して思い込みを見つけ、修正していくことです。

詳しくは境界線の作り方の記事を参考にしてください!

関連記事