飲み込むのが怖い

五感を使うとき、どうしても触感(食感)に意識を向けるのを避けたくなる。とくに、ご飯を食べていて飲み込む瞬間が怖い。

いつも自覚しているわけじゃないけど、ふとしたときに「私のなかに何か入った!」って思う。で、どうやって食べればいいの?ってなる。

まぁ、私の場合は摂食障害の影響もあるんでしょうけど。それを抜きにしても、小さいころから飲み込むのが苦手です。

咀嚼してグチャグチャになる感覚を無意識に避けている気がする。味の変化が嫌なのか、食感なのか、よくわかんないけど。

小さいころ飲み込めなくて、ずっとモグモグしてたのが原因かなぁ?と、なんとなく思います。

むかし父親がよく「こてっちゃん」を食べていて。

姉は美味しそうに食べるけど、私は飲み込めなくて、窒息しそうで怖くて食べれませんでした。

同じ理由で、お餅も苦手。(最近、玄米餅なら歯切れがよくて食べれると気づいた)

ステーキとか焼肉も、飲み込むタイミングがわからなくて、ずっとモグモグして母によく「ペッしていいよ」と言われてた。

ずっと噛んでると飲み込むのが怖くなるから、「よく噛んで味わって食べる」ができません。

いまのところ、どうにかしようとは思いません。

いつもは忘れているような感覚だけど、探求してみると色んな記憶が呼び起されて面白いよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!