• HOME
  • HSP
  • 新卒1年目で会社辞めたいHSPへ。先輩HSPから贈る言葉

新卒1年目で会社辞めたいHSPへ。先輩HSPから贈る言葉

新卒で入社して仕事を始めたけど、毎日苦しい。

  • 相談したくてもできない
  • 誰になにを聞けばいいのかわからない
  • そもそも自分がどうしたいのかもわからない

そんな「ないない」尽くしの新卒HSPへ。なにかヒントになればいいなと思ってQ&A集を作りました。

過去に新卒HSPから受けた相談への回答や、HSPの先輩にインタビューした記事などをまとめてます。

同じような悩みがあれば参考にしてもらって、もし「うーん違うんだよな」と思えば、それはそれで「じゃあ、私の場合はどうなんだろ?」と新たな角度から考えてみて。

週5日8時間働けない

疲れやすくて週5日8時間働くことに不安を持っている新卒HSPからの相談です。

新卒社会人・内向型hspです。

現在、正社員で週5日働いています。しかし、入社してから5日間連続で勤務できたことは最初の一月ほどくらいしかありません。

体調が悪かったり、もともとかなり疲れやすいため、正直一日8時間も働くのは自分にとってかなり負担が大きいと感じています。

現在は週に1日以上は休んでしまっている状況です。職場の方々にも迷惑をかけてしまっていて、休んでいる時も罪悪感でつらいです。

この場合は疲れる原因が明確になるといいですね。一般的には体力がないなら運動するとか、食事を改善するとか挙げられるけど。

HSPにとって社会人になるって、ものすごい大きな『変化』なんですよね。

人や環境、業務内容など適応していくのに、ひといちばい時間がかかるんです。だから、周りと同じスピードで成長していこうと思うと疲弊しちゃう。

ちょっと4月から変化したことを振り返ってみてください。

  • 起きる時間
  • 電車の時間
  • 着るもの
  • 使う言葉
  • お昼ご飯
  • 人間関係
  • 仕事内容
  • 家に帰ってからやること

平気でこれくらいは『変化』しているはずです。失敗せずにやることよりも、まずこの環境の変化に慣れることをゴールにしましょう。

 

入社してから1年くらいは、職場の人や環境になれない、やることが多くて圧倒されてパニックになってしまう。こうした現象も起きやすい時期です。

ひとよりも慣れるまでに時間がかかるので、焦らず自分のペースを確立することを優先してみて。

話しかけるのが苦手で相談できない

先輩や上司は忙しそうで、いつどのタイミングで話しかければいいかわからない、という新卒HSPからのご相談です。

今年の4月に社会人になりました。

会社で相手に話しかける際に「忙しそうだな」とか、「いま辛そう」など気を遣いすぎてうまく話ができません。

勇気を出してメールで連絡しても見てもらえないことも多く、「ああやっぱりこの人今忙しいから連絡しちゃダメだった」と気になってしまい、全くやるべきことが手につかなくなっています。

職場の上司に相談し、解決方法を提示してもらったのですが、その解決方法を実践するよりも先に現状に辛くなってしまいます。

自分でも、もうどうしたらいいかわからず仕事を辞めた方がいいのかな、社会人向いてないのかな、職場の人に嫌われてるのかな、など色々考えてしまいます。

これめっっっっっちゃわかるーーーー!!

私も新卒1年目のとき、先輩や上司の顔色を気にしすぎて質問できなくて、ひとりで仕事を抱えてパンクしました(泣)

いまでも誰かにメールしたり問い合わせるときは勇気がいりますね。

 

これはHSP関係なく、すべての新卒に共通するので社会人の先輩としての意見ですが。

学生と会社ではコミュニケーションの取り方が異なります。

学生のころは同じ年代で話題も共通点があるし、趣味趣向が似た人同士で集まるけど。

社会人になると親より年上の人がいたり、違う学部とか専門分野の人とか、様々な背景を持った人たちと同じ業務をこなします。

一般的なビジネスマナーを身に着けることでクリアできることもあれば、状況に適したコミュニケーションで乗り切れることもあります。

 

どういう振る舞いが求められるかは社風によって違うので一概には言えないけど。

失敗を恐れて変に取り繕うより素直に質問した方が、仕事をするうえでは好印象です。

 

ただしHSPに限っていえば、人の目を見て会話できないとか、場の空気やエネルギーに圧倒されて目の前の業務に集中できないと悩むケースもあります。

この傾向は内向的なHSP(HSI)に多いですね。

無理して改善する必要がない(というか消せない)部分もあるので、そこを受け入れてもらえる社風かを見極める必要はあります。

職場環境が合わないから転職したい

入社してみたけど環境が合わなくて転職を考えている新卒HSPからのご相談。

はじめまして。新卒で入社し飲食店で働く者(HSS/HSP)です。

先輩社員や同僚には恵まれ、現在でも続けていられるのは彼ら(彼女ら)のおかげです。しかしながら、あまりにも気質と合わない環境であり、続けることが厳しいと考えています。

正直、転職をしたいと考えています。

「やめるな」とお客様からも言われることがあり(※常連のお客様と店長の距離が近く私のHSPによることを話しているようです..)

このままだと次の仕事も1か月しないうちにやめるよ、という不吉な予言までされています。

真面目なHSPは長く働けない自分を「ダメ人間」と思っているかもしれません。

環境のせいにして嫌なことから逃げているだけじゃないのかな…とか。

転職するにしても3年続けないと不利になる…とか。

 

個人的には『HSPにとっては』嫌々続ける3年ほど無駄なものはないと思います。なぜなら、ネガティブな感情がエネルギーになるタイプではないから。

人によっては愚痴ったり、誰かの粗探ししたり、そういったネガティブな感情を発散することでモチベーションが上がるタイプもいます。

エナジーバンパイアとは違いますよ。

「ぜってー無理じゃん、誰だよこんな仕事作ったやつ」とか言いながら毎日のタスクを淡々とこなして、やり切った瞬間に達成感を感じる人とかいるんですよ。

で、仲間と美味しいビール飲んで「あーめんどくせー。明日も頑張るか!」って言って寝る。

HSPのなかにも同じようにできる人もいるけど。

環境要因で引っかかる部分が自分にとって大きな問題なら、周りの基準とか気にせず転職を検討しても良いと思います。

 

ちなみに転職するとき「人はいいんですよ」って言う場合、よく聞くと人間関係の問題が埋まってたりするので。

コミュニケーションの問題がないかも検討してみてくださいね。

組織で働くの苦手

そもそも組織で働くとか、社会人が向いてないと悩んでいる人は、ブロガー&YouTuberの亀山ルカさんの「組織で働くのが苦手」というコンプレックスと不安感という記事を読んでみてください。

社会人になり、考えすぎてしまうことで上司とぶつかることがありました。

例えば、わたしはどうしてそれをやるのか、なんのためにやるのか、もっと効率的にできないかを考えて上の人に意見するから、「素直じゃない」「生意気だ」と遠回しに嫌味を言われたこともあります。

言われたことを受け流すことも苦手だし、わたしも頑固なところがあるので、上司もやりにくいと感じただろうなと思います。

私もこの記事を読んで勇気づけられました。

とはいえ、フリーランスとか会社員って働く選択肢でしかないので、いまの職場が合わないからすぐ「会社員向いてない」と決めつけるのは違うかなと思います。

 

組織ってベンチャーと大手だと業務内容も違うし、業界によっても雰囲気は全然違います。

どのタイミングで見切りをつけるか、まずそこを決める。んで、フリーランスになるなら腹を括ってどうするか自分で決める。それは甘えでも逃げでもなく人生の選択です。

ただ「苦手なんです。どうしたらいいですか?」じゃなくて。じゃあ、どうしていきたいのかは自分で考えるところなので。

もし会社員以外の道を探しているなら、どうしたいかを自分で決めるというのは最低限必要だと思いますよ。

HSPの先輩たちの言葉

HSP気質の持ち主で活躍している先輩に働き方についてインタビューしたのでコメントを紹介しますね。

心理カウンセラー:時田さん

やりたいことを見つけることと、仕事を継続することは繋がらないと思います。やりたいことを継続しているHSPでも、途中で変化させていますから。

転職を繰り返すHSPは、自分のやりたいことを直感的に選択する勇気を奪われた状態(心が枯渇している状態)です。

勇気を取り戻すために、自分を潤わすことが必要。

さらにHSPが仕事をしていくうえで必要な人間関係のスキルは、相手に好かれつつ自己主張する会話術です。

繊細で疲れやすいけど好奇心旺盛な人が、仕事もプライベートも充実させるには、自分のペースを尊重することが大事です。他人の目線で動かないこと。

経営者:小川さん

僕は「ザ・等身大」「自己開示力がハンパない」って言われるんですけど、それは、できてないポイントを自分から話しちゃうから。

「苦手なんですよね、ははは!笑」って言っちゃえば、別にいいじゃないですか。

ひた隠しにして、できないと思われないようにして、実際できない方がつらいので、最初から白旗あげた方が基本的にはつらくなりにくいですよね。

それも、生きやすさを追求した結果だと思います。

飾ったり、良く見せようとすると差分がつらくなるので。

やらかしちゃったら「テヘペロ(*´ω`)」って言えばいいだけなので、そこをグッと堪えて「自分できます!!」みたいにしない方が、生きやすいと思います。

 

今回は新卒HSPから過去にもらった相談や、先輩HSPにインタビューしたときの言葉をまとめました。

変化への適応期間がひといちばい必要なこと、快適だと感じる環境を求めること、コミュニケーションや働き方など。

仕事の悩みといっても様々なので、気持ちや状況の整理の参考にしてみてください。

それでは。

関連記事