• HOME
  • 雑記
  • 人混み疲労と邪気は塩風呂で浄化!やり方&継続した感想

人混み疲労と邪気は塩風呂で浄化!やり方&継続した感想

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

外出して人混みに遭遇すると、ぐったりと疲れてしまった経験ありませんか?

塩風呂は【浄化風呂】とも呼ばれていて、湯舟に塩を入れてぼーっと浸かるだけで頭がスッキリするのでオススメです!!

人混み疲労の原因

人混みで疲れる原因は、騒音や人が発するエネルギーがあります。

  • 話し声や足音
  • 体温
  • 体臭や香水などの匂い
  • 人そのものが発するエネルギー

繊細で感受性豊かな人ほど、知らないうちに邪気を吸収して、帰宅後に動けなくなってしまうこともあります。

人混みに行ったあとに、気持ち悪くなったり頭痛がする場合は、邪気が影響している可能性があります。

塩風呂の作り方

塩風呂には粗塩を使います。

精製された塩は邪気が混入して浄化効果が消えてしまうので、成分表に『海水』とだけ書かれたものを選びましょう。

オススメは伯方の塩!

お湯は新鮮なものを使い、入って「気持ちいいな~」と感じる温度に調節してください。ゆったりリラックスすることで浄化の効果を高まります。

NG
バスソルト、入浴剤、残り湯
OK
新鮮な沸かしたてのお湯

塩風呂で人混み疲労と邪気を浄化する方法

塩風呂で邪気を浄化するポイントは、『新鮮なお湯を使うこと』『髪をしばらず頭の先まで潜ること』です。

全体の流れはこちら↓

  1. 新鮮なお湯に粗塩を一握り分入れる
  2. ゆっくり湯船につかる
  3. 頭の先まで浸かって潜る
  4. 苦しくなる前に顔を出す
  5. 何も考えずぼーっとする
  6. もういいやと感じたら湯船から出る
  7. 新鮮なタオルで体を拭き清潔な服を着る
  8. お水を1杯ゆっくり飲む

邪気は髪の毛につきやすいので、頭の先まで塩風呂に浸かって浄化させましょう。

髪の毛を縛ると塩が浸透しにくいので、下ろしたままにしてください。

時間の目安は10分程度ですが、自分が満足することを優先させましょう。

湯船に浸からないやり方

一人暮らしで毎回シャワーで済ませる人や、風呂釜が痛みそうで心配な人は、粗塩で直接体を洗う方法を試してください!

具体的なやり方はこちら↓

  1. 粗塩を一握り好きな容器に入れる
  2. 新鮮な水またはお湯を混ぜてペースト状にする
  3. 髪の毛、体、顔を洗う

優しく滑らせるように、水と粗塩をなじませながら頭の先、耳、足裏まで洗うのがポイントです。首から肩にかけてと、足裏は邪気がたまりやすいので、重点的に洗ってくださいね。

お風呂を出たら、清潔なタオルで水けを拭き、新鮮なお水を飲みましょう。

強く擦り付けると肌を傷つけるので注意

塩風呂の注意点

最後に注意点です。

  • 体調が優れない場合は無理しない
  • 体調が悪化したらすぐ中止する
  • 敏感肌の人は塩の量を少なめで様子を見ながら増やす
  • 使用したお湯はすぐに捨てる

人混みで疲労を感じるときは、もともと体調が優れない場合もあるので、あまりに動けないときは睡眠を優先しましょう。

塩風呂で使用したお湯は邪気がたっぷり含まれているので追い炊きはできません。そのまま使用すると邪気が次の人に移ってしまうので、終わったら捨てましょう。

「家族がいて無理…」という方は、直接粗塩で洗う方法がオススメです。

塩風呂を継続して感じたこと

塩風呂をすると、頭と体が本当に軽くなります!!スッキリという言葉では足りないくらい、フワフワに軽くなります!!!

特に頭が軽くなる感覚がやみつきです。

私は些細なことがずっと気になるタイプで、ものすごい気を遣って色々準備して条件が揃わないと、頭がスッキリしません。

それが、たった10分塩風呂をするだけで、「新品になったのかな?」と思うくらい頭が軽くなったんです!

スーパーで数百円の粗塩を買ってくるだけなので、コスパ最強で本当オススメです。

まとめ

お出かけは楽しいけど、人混みに遭遇すると一気に疲れますよね。

特に人のエネルギーに影響を受けやすい繊細な人は、知らない間にどんどん邪気を吸収している可能性もあります!

マッサージやスパもいいけれど、外出自体で疲れちゃうので。塩風呂なら、家で手軽にできるしコスパ最強のリフレッシュ方法です!

ぜひ、試してみてくださいね。

関連記事