私の使命と才能|9年間の自分探し研究結果

こんにちは、ももか(momohsphss)です。

2015年から始めた自分探しの旅。

9年目にして、ようやく納得のいく答えが出せたので、自分用にまとめておきますね。

答えを出すまでの研究記録はこちら

先人の知恵を借りて裏付けを取り、過去の経験と照らし合わせつつ、現場検証して結果を確認しました。

真面目かよ!

  • 研究の結果、遊び心がないことも判明しました

記事の最後には「使命・才能の取説」として、自分がもっているものを活かす際に大切な考え方を記載しています。

これから道に迷ったとき原点を思い出せるように、記録として残しておきますね。

目次

私の才能

繋がる|channeling

channel=周波数、経路

人、物、情報と周波数を合わせて経路を作り、つながる

1点突破の集中力

対象と一体化する

読む|reading

解釈、見解、読み解く

事実・事象からインスピレーションを得て展開させる

散らばった情報を統合して、新たな切り口から捉えなおす

伝達|message

周波数を合わせて繋がり、読み解いた情報を体を使って伝達する

  • 大きな視点に立ったときの共通点、傾向性、繰り返しているパターン
  • 全体から見た一部(全は一、一は全)
  • ↑ここから予測される今後の展開

感化|influence

ものの考え方や生き方などを、強制したりすることなく、自然に相手に共感させて影響を与えること。

コトバンク

繋がる|channeling

読む|reading

伝達|message

この3つを使うと起こる現象

私の使命

体験型学習

自分が動いて体験する

答え合わせのために理論を学ぶ

人との関わり

実際に人と関わることで経験値を上げる

血の通った生身の人間を知る

役割の明確化

人の可能性、ポテンシャルを考える

目的、方向性を見出す

任務・役割を遂行できるようにする

使命・才能の取説

ここに書いてるものは、私だけが特別に与えられたものではなく、すべての人間がもっている要素です。

とくにHSP/HSS/エンパス/逆エンパスの方は、同じものを感じているかもしれません。

そうなったとき、注目したいのは”実際の行動と結果”です。

使命・才能とは、花のタネのようなもの。

同じ生年月日で生まれた人も、同じ血液型の人も、同じDNAの人も。

だれひとり「同じ人生」を歩むことはありません。

地球にいる80億人のなかで、あなたは唯一無二。たったひとり。

もって生まれたタネから、どんな花を咲かせるか。あなたの手に委ねられています。

そのために”実際の行動と結果”という、肥料を与えて育てていくんですよね。

だからこそ、タネの性質を知ることで育てるヒントが見つかります。

性質に合わない肥料を使って枯れるリスクを避け、生き生きと花を咲かせる。

いま私が感じているのは、花が「咲ききる」のは人生が終わるときかなぁ…なんて思っています。

五分咲き⇒八分咲き

といったように、少しずつ花開く”プロセス”が人生なのだと思います。

人は死ぬまで成長しますからね。

私もまだまだ成長途中ですが、9年間の研究報告でした。

目次