あのときも、あのときも。すぐそこに仲間がいたんだな

これから、頭のぶっ飛んだ話をします。

自分でも咀嚼できていないので、抽象的な説明が多くなります。

10月末に、魂の声が聞こえるようになった話をしました。

その少し前、過去に出会った人をイメージしたとき、

「姿を変えた宇宙人仲間が、私にメッセージを伝えるために、あの人の肉体を使っているんだな」

って、思うようになったんです。

「あのときも、あのときも。すぐそこに仲間がいたんだな。」

って気づいて、涙が止まりませんでした。

たとえば、田中さん(仮名)の姿をイメージするじゃないですか。

見た目は田中さん。

だけど、田中さんの肉体を使った【何か】とも言える。

それは、私であり、別の誰かでもある。

脳内に浮かぶイメージの話ね、こんな感じ↓

田中さん(仮名)

投影とか、転移とか、心理学や生物学でも、説明できる現象なのでしょう。

ただ、そんな説明は、どうでもいいのです。

思い出すとイライラするくらい、苦手だった、あの人も。

大切にできなかった後悔が残る、あの人も。

私にメッセージを伝えるために、表れた人。

それが体感できたとき、

「ありがとう」

という感謝と、

「毎日楽しく過ごしていたらいいな」

という願いが湧いてきた。

私には、それで十分なのです。

っていう話でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ばば ももかのアバター ばば ももか 心理カウンセラー

高共感体質の生きづらさ専門カウンセラー
このサイトは個人的な記録用の雑記ブログ。
ジャガイモが好きで雨に弱い。