• HOME
  • HSP
  • HSPの仕事や人間関係の悩みに「体の声を聴く」を提案する理由

HSPの仕事や人間関係の悩みに「体の声を聴く」を提案する理由

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

HSPから仕事や人間関係の相談を受けるのですが、実は体に意識を向けることで問題解決のスピードが早くなるんです。

職場環境が合わなくて転職を考えているとか、上司が陰湿で付き合いづらいとか。

こうした悩みを直接どうにかするよりも、体の感覚を取り戻すことが先、というケースがあるんですよ。

HSPは心と体がバラバラ

HSPは周りで起きていることに意識が向きやすく、心と体がバラバラになりがちです。

高い危険察知能力で外側の刺激に反応しやすく、さらに深く処理するので、自分のことを考えているようで人のことを考えている。

「自分の感覚だ」と思っていることも、実は他人の感覚をコピーしている場合もあります。

正常な身体感覚がわからない状態で、仕事や人間関係の問題をどうにかしようと努力しても、なかなか上手くいきません。

気持ちを言葉にするのが苦手

心と体がバラバラになりがちという現象は、『アレキシサイミア』『アレキシソミア』と呼ばれています。

アレキシサイミア(失感情症)は、自分が何を感じているのか(感情・気持ち)を掴んで言葉にするのが苦手な性格特性です。

感情を感じて言葉にするのが苦手だったり、難しく感じる傾向があります。

アレキシソミア(失体感症)は、体に起こっていることをキャッチして言葉にするのが苦手な性格特性です。

頭が痛い、肩が凝った、といった体の症状を感じ取って、言葉にするのが困難です。

病気ではなく、現象に対して付けられた名前です。

 

自分の気持ちや身体感覚を言葉にするのが苦手な特徴と、HSPの

  • 常に外側に意識が向いている
  • 刺激を深く処理をする

という特徴が絡んでいる場合、仕事、人間関係、お金といった現実的な問題に直接アプローチしても、なかなか解決しないんですね。

「疲れた」「眠いなぁ」という疲労感や、ワクワク感、肩の力を抜くなど、体の感覚がわからない人が小手先のテクニックだけ使っても、限界を超えて体調を崩して強制終了を繰り返しちゃう

体の感覚に気づく

ブログの読者さんで、「(私の記事を読んで)久しぶりに、お腹が空く感覚を取り戻しました」という感想をくれた人がいたんですね。

この感想を読んだとき、私は「なるほどね!」って、思ったんですけど。

私も気質を受け入れてしばらくしたら、頭痛、吐き気、胃痛に襲われた時期があったんです。

そのときは「やっと体の感覚を正常に掴めるようになったんだ」と思ったんですよね。

いつもは、その感覚を通り越して倒れて体が動かなくなって、使い物にならなくなっちゃう(=強制終了)という流れだったんですけど。

体の感覚に気づくようになると、

  • この状態のときは休もう
  • もうちょっと睡眠時間を多く取ろうかな

とか調整できるようになったんですね。

だから仕事や人間関係の悩みを抱えているHSPは、体の感覚を取り戻していくことから始めるのが意外と近道なんですよ。

 

再生ボタンを押すと音声が聞けます

関連記事