知的変容型エンパスの見ている世界

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

最近、知的変容型エンパスだったと気づきました。

難しい概念をわかりやすく説明できたり、人がやっているのを見て同じように動けたり。

「なんでだろー?」と思っていたけど、私の共感対象は『人の思考』だったようです。

エンパスの6つのタイプ

エンパスとは、高い共感力を持つ人のことです。共感対象は様々ですが、代表的なものは次の6種類があります。

タイプ名現象
身体ワンネス型相手の身体に起きたことを、自分の身体で起きているように感じる
身体直感型相手の身体に起きたことが直感的にわかる
感情ワンネス型相手の感情を自分のことのように感じる
感情直感型相手の感情が直感的にわかる
知的変容型相手の思考プロセスを自分のことのように体験する
スピリットワンネス型相手のスピリットとつながり、内面を深く理解することができる

珍しいものでは、植物・動物・鉱物などに共感するタイプも存在するそうです。

動物と会話してメッセージを飼い主に伝える人などが当てはまりますね。

知的(自己)変容型エンパス

ローズ・ローズトゥリー著:エンパシー

知的(自己)変容型は、人の思考プロセスを、まるで自分のもののように体験します。学問的な知性ではなく、IQとも関係ありません。

次の質問は、『エンパシー』でローズさんが挙げているチェックリストです。

知的変容型エンパスの特徴

あなたは音楽、数学、チェス、コンピュータなど、他とは異なる波長を持つものに惹かれますか?

●知的な人といると、強い反応が現れますか?(困難、喜び、放心など)

●複雑な作業を、その方法を知っている人と一緒にいるだけで、簡単に学ぶことができますか?

(例:ジムはコンピュータ・コンサルタントですが、コンピュータそのものについてはよく知りません。でも、それを知っている人の意識の中に入ることができるので、何をどうしたらいいかわかるのです。
彼のような強力な知的変容型能力者は、おそらく一万人に一人くらいしかいないでしょう)

あなたは情報収集よりも、知識を探究する人ですか?

●比喩をよく使いますか?抽象的なことが好きですか?物事の原理を探究しますか?知的変容型は、思考の構造に興味を持ちます。

ローズさん曰く、知的変容能力は物事を二つ以上の観点から見る能力だそうです

知的変容型エンパスのメリット・デメリット

ここからは、私の個人的な経験から知的変容型エンパスのメリット・デメリットを挙げてみます。

メリット

  • 未経験の仕事もすぐ形になる
  • 説明書を読まなくても機械が操作できる
  • 専門家にならなくても一定レベルの知識がつく
  • 専門家と話が弾む

デメリット

  • 実はよく知らないけど「詳しい人」だと思われる
  • 対象の人と距離を置くと熱が冷める
  • どの分野も魅力的で専門分野が定まらない

 

実際にやっている人の動きを見たり、言動を観察していると、なぜかその人の思考を追体験できるので、仕事では重宝します。

たとえば、社歴10年目の先輩の言動を観察していると、脳内に全体像がダウンロードされるので、「つまり、こういうこと?」と自分なりにマニュアル化して動きます。

だから、手取り足取り教えてもらわなくても、前後関係を把握してなんとなく形になっちゃう。たいてい、始めて数週間しか経ってないのに、ずっといる人みたいな扱いになります。

知っているから限定したくない

先日「何者にもなりたいから、何者にもなりたくない」と自覚したんですが、知的変容型エンパスであることが関係しているのだと思います。

『エンパシー』の中で、ローズさんは次のように解説しています。

マインドが自由に空間を飛びまわり、拡大しているところを想像してみてください。

やがて、着地しようとするときに、一本の小さい滑走路で満足できるでしょうか?

引用:エンパシー

どの分野も、それなりに理解できるから魅力的に映り、ひとつに集中できないのです。魅力を知っているから、限定したくない感じです。

共感能力はコントロールできる!?

ローズさんは、エンパシー(共感能力)は、【人が潜在的に持っている能力で、人生経験の中で少しずつ芽を出し、訓練によって開花する】というニュアンスで説明しています。

エンパシーを自らコントロールし、オンオフする方法を習得すれば、『熟練エンパス』になるそうです。

サイキックがある日突然、稲妻のように表出するのに対して、エンパシーは時間をかけて育まれるから、訓練次第でオンオフできるという理屈らしい。

能力を扱う素質を持っている人が適切な訓練を実施することで、正しくコントロールできるようになるってことですね。

「共感オフ」テクニック

共感能力をオフにするには、自分の感覚だけに集中する時間が必要です。ローズさんは「好きなものに意識を向けると良い」と説明していました。

  1. 周りを見渡して、1番好きなを見つける
  2. なぜ好きなのか理由を声に出して言う
  3. 目を閉じて、1番好きなを見つける
  4. なぜ好きなのか声に出して言う
  5. 周囲にある色々なものに触れて、1番好きな触感を見つける
  6. なぜ好きなのか理由を声に出して言う

要するに、五感を軸に、心地よいと思うものを探し、理由を言語化する練習です。

 

私は、「どの自分も自分らしいようで、そうでもない気がする…」なんて思っていたんですが。

個性の研究をするときに、相手の世界に入り込めるので、思考に共感するのが能力だと自覚したとき、とても心強いと感じました。

関連記事