時間は空間を超えることがリアルに腑に落ちた体験談

昨日、カウンセリングの研修でクライアント役をやって。

人間関係も恋愛も、仕事もなにをやっても続かない

熱しやすくて冷めやすくて孤独

っていう話題を提供したんです。

そのときのカウンセラー役との会話が、ここ6~7年のまとめみたいで。目の前で自分が喋っているのを眺める感覚になりました。

唐突に「自分が好き?」って聞かれたとき、笑っちゃいました。

自分が好きですっ!

そしたら「自己探求なんだろうね、相手を知ることで自分を知る」って言われて。

いままで死ぬほど考えて、答えを出してきたことを改めて言われるから、不思議な感覚でした。

自分のこれまでを目の前の人が映画みたいに再生してくれている。

自分が消えた!?

研修の最後、自分の存在が消えたように感じたんです!

けっこうハードなタイムスケジュールだったから、頭がボーっとしていたのが原因かもしれない。

濃密な学びを消化しきれなくて、意識が半分飛んでたのかもしれない(笑)

Zoomの画面に、何十人も顔が映っていて

感想をシェアする人

黙って聞いている人

頷いているファシリテーター

とか、いるんですよ。

自分の顔も映っているし、身体はココにある。

でも、「わたし」とか「あなた」とか「あの人」っていう境界線がなくなって、溶けて1つになったような。

不思議な感覚に包まれていたのです。

研修が終わったあと、ベッドでゴロゴロしていたら。

わたしはあなたで、あなたはわたし。過去、現在、未来は同時に存在する。

って、急に腹落ちして、また号泣しました(;´∀`)

ここ数日、過去の自分がソコにいるように話しかけたり。「これは未来の自分の言葉だな」って思ったり。

そんなことが何度もあって。

物理学の「時間は空間を超える」ってやつ、本当なんだな~って思っていたんです。それが急に体感を伴って理解できた瞬間でした。

田中さんの肉体を使った別の何か。っていう感覚も「そういうことか!!!」ってなった。

田中さんって?これから頭のぶっ飛んだ話をします

欲しかった答えがやっと見つかった

自分が自分であることが1番大切だけど1番難しい

何者にもならなくていい

わたしはわたし

だけど、わたしじゃない

わたしはココにいるけど

どこにもいない

境界線なんてない

全部、つながっている

わたしは、すべての一部なんだ

意識して探してたわけじゃない

悩んでいた自覚もない

求めていたのかと言われると、そんなことない

でも

欲しかった答えがやっと見つかった

そう思って、ボロボロ泣いたのです。

わたしはあなたで、あなたはわたし。

わたしは自分が1番好きで、同じようにみんなが好き。

備忘録として残します

これから、どこに向かうのでしょうか?

もうね、意味がわからなくていいです。笑

頭おかしくなったヤバいやつと思われても。

通りすがりの誰かが

「そういうこと考えていいんだ」

「同じように考えている人いるんだ」

って思ってもらえたら、それでいいです。

備忘録として残しておきます。

それでは。

追記

1年3か月後、この体験が「ワンネス」だったと知りました↓