ヒステリックな女上司と上手く付き合うコツ

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

感情的に怒ってきたり、細かく行動をチェックして指摘したり…ヒステリックな女上司に消耗することってありますよね。

私もアパレル販売員をしていた頃、すぐ感情的に責めてくる女性の上司が怖くて、精神的に追い詰められてしまったのですが。

いくつかコツを掴むと、ヒステリックな女上司とも上手く付き合えるようになったので、私が工夫したことをご紹介しますね。

ヒステリーを起こす理由を想像して共感する

上司が感情的になって周りが見えなくなっているときは、ヒステリーを起こした理由を想像して、気持ちに共感してあげましょう。

具体的な言葉を投げかけなくても、背景を想像するだけで十分です。

女性でチームのリーダーになる人は、意識が高くて仕事にも熱心です。だから、何かしら「もどかしい!!!」と感じる理由があるはずです。

  • 自分が指示した内容を理解してもらえていないと思っているのかなぁ?
  • 私たちのやる気がないように見えてる?
  • 期日が迫っていて焦っているのかな?

という感じで、3つくらい理由を考えてみます。

 

これは、正確に把握するのが目的ではありません。

一生懸命だから感情的になるのだと、上司の仕事に対する姿勢に共感する意識を持つことで、自分も冷静になって心の距離を取ることができます。

日常会話のコミュニケーションを増やす

私の失敗談なんですけど、アパレル販売をしていたとき、「感情的に怒るから、私のことが嫌いなんだろう」と思って、普段から上司を避けていたんです。

でも、その態度が余計火に油を注いでしまったようで。私がビクビクするほど、上司の攻撃は強まってしまったんです。

 

その後、転職先でもヒステリックな女性の先輩と仕事をしたときは、あえて普段から積極的に会話をするようにしました。

その人が好きな食べ物や、最近の興味関心、プライベートの話まで、日常的にコミュニケーションを取るようにしたんです。

すると、人柄がわかってくるので、いざ感情が爆発したときにも、「この人は仕事を依頼する前の一言に拘りがあるから、今回はそのことで怒っているんだろうなぁ」と、なんとなく理解できるようになりました。

わかりやすく頼る

感情優位の女性は面倒見が良いので、頼られると「必要とされている!」と感じて嬉しくなります。母性が強いんですよね。

相手の立場によりますが、チームリーダーや直属の上司の場合は、わかりやすく頼ってみてください。

具体的に仕事の相談をするなら、

「売上が伸びなくて悩んでます。○○課長のように、成果を出したいのですが…」

「会議の資料作りに時間がかかってしまうんですけど、普段どういう工夫をされているんですか?」

という感じですね。

ポイントは、万が一アドバイスがしっくりこなくても、一度受け入れて「ありがとうございます!やってみます!」と行動する姿勢を見せることです。

 

また、仕事に関係ないことでも、

「いつもどこの美容院行くんですか?」

「この前もらったサプリメント、すごく良かったです!」

みたいな会話から、『慕っている感』『子分の雰囲気』を出しておくと、上司の母性が満たされて「この子を守ってあげたい」と思ってもらえるので。

攻撃のターゲットから外れる可能性が高くなります。

機嫌が良いときを狙っていじる

感情的になっているときは、誰も寄せ付けないオーラを放つ女上司ですが、機嫌が良いときもあるはずです。

チーム運営の際に気持ちを優先する人は、寂しがりで繊細な傾向にあるので、意外と「いじられる」ことが嬉しかったりします。

なので、機嫌が良いときを狙って、冗談を言ったりポジティブな会話に巻き込んであげると、チームとしての一体感が生まれるので。

上司の中で、あなたの発言権が強まって頼りにされるでしょう。

いつ地雷を踏むかと怖がって距離を置くより、あえて上司の懐に飛び込んでしまった方が、消耗せずに済みます。

「察してよ」アピールは無視する

ここまで、ヒステリックな女上司に寄り添うような提案をしてきましたが。

彼女たちが、いつもチームのために明確な理由を持って、感情的になるわけではありません。

  • 旦那と喧嘩した
  • 子育てのストレスが溜まっている
  • ホルモンバランスの影響
  • 季節の変わり目で疲労が溜まっている

など、単なる八つ当たりの場合もあります。いつもいつも、「どうにかしなきゃ」と動く必要はないのです。

 

具体的に要望を言ってくるわけではないけど、なんかイライラしているっぽい。といった、「察して」アピールをしているときは、そっとしておきましょう。

普段は会話でのコミュニケーションを優先する人でも、余裕がなくなると内に籠って「私の大変さに気づいてよ」と、無言でオーラを出したりします。

そういうときって、「私がこんなに頑張っているのに、誰も理解してくれない」みたいな、ネガティブモードが強まっているんですよね。

ネガティブな感情と向き合うのは、上司の課題なので、部下が深入りする必要はありません。そこも含めて、上司を気にかけてチームに貢献していく、というやり方もありますが。

あなたが消耗してしまうなら、「察してよ」アピールは無視するのが無難です。

ヒステリックな女上司は人一倍努力家で寂しがり

些細なことで感情的になるヒステリックな女上司は、人一倍努力家で寂しがりであると言えます。

自分の感情だけでなく、チームメンバーの感情も大切にするので、味方にすると心強い存在になります。

「怖いから」「面倒だから」と、よそよそしく距離を取ると、その態度が逆にイラっとして攻撃されることもありますので。

機嫌が良いときを狙って、普段から積極的にコミュニケーションを取っておくことで、いざというときも冷静に対処できます。

ただ、いつも上司に合わせるのは疲れてしまうので、過剰な「察してよ」アピールは無視しつつ、あなたのできる範囲で懐に飛び込んでみてください。

何か参考になれば嬉しいです。

HSPHSS専門メンタルトレーナー|気質×性格×能力=個性|少数派な内面を持つ人の笑顔と自信を増やすサポートをしています。

関連記事