「飽きやすいから人間関係が続かない」の問題点

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

今回は「飽きやすくて人間関係が続かない」というメッセージをもらったので回答していきます!

メッセージ

長続きさせる人間関係の秘訣がわかりません。

どんなに親しい友人でも同じ人とずっと一緒にいると飽きてしまうので、色んな人と浅く広く関わってしまいます。

でも浅く広く関わると弱音や悩みを打ち明けられる人ができず、変な風に思われたくないので心の底にバリアを張ってしまうんです。

初対面で接する人はノリノリで話題が次々浮かんでくるのに、親しくなってくると振舞い方が分からなくなります。

「元気で明るい人としか見られていないんだな」と思うと、誘いとか付き合いとかめんどくさくなって行きたくなくなります。

人間関係が続かない4つの原因

メッセージありがとうございます。

内容を読みながら何度も「そうなんだよね!」と頷いてしまったほど、同じように悩んだ経験があります。苦笑

今回は人間関係が続かない4つの原因と、最後に私の経験談として気質の問題を詳しく話しますね。

1.HSS型HSP気質

HSS型HSPとは人口の6%に存在する気質のことです。

新しいことが好きで刺激を求めるのに、傷つきやすく繊細という両極端な特徴を持っています。

人間関係も刺激を求めるのですが、ストレスを溜めやすく一人の時間も必要とします。

2.内向的な性格

内向的な性格だと基本的に1人が好きですが、思慮深く自分の見ている世界を人と共有したい気持ちも持っています。

必要なときに必要な人と目的を持って関わりたいタイプですね。

3.人間関係リセット症候群

人間関係リセット症候群の場合は、人との繋がりを全て消したい衝動に駆られ、連絡先を消去したり転職を繰り返したり、といった特徴があります。

病名ではなく特定の現象についた名前です。

4.回避型の愛着障害

愛着障害は幼少期に親から十分な愛情を受けられず、大人になっても人間関係が適切に築けない心の問題のことです。

その中でも回避型の場合、人と親密になるのが怖くて自分の殻にこもってしまう特徴があります。

私は恋愛が長続きしなくて悩んでいたんですが、愛着障害に見られる【愛情の確認行為】と気づいて衝撃を受けました。

詳しくは記事にしているので参考にしてください。

人が好きだから観察しすぎて嫌いになる

私はHSS型HSP気質なんですが、自分の2面性にずっと悩んできました。

すごく寂しがりなのに1人が好き。

人が好きで一緒にいたいけど、急に誰とも会いたくなくなって、どうやって接していいかわからない。

人間関係を継続させるのも苦手で、一気に仲良くなったかと思うと急に嫌なとこばかり目につくようになって離れる、という繰り返し。

人は集まって来てくれるしコミュニケーションも取れるけど、いつもどこか孤独を感じることが多かったです。

HSS型HSPを知ってからは、それが自分の気質なんだと理解しました。

 

高い共感力で相手と同調しすぎるとエゴや見栄も透けて見えてしまうため、勝手に落胆してしまうんですね。

人が好きだから観察しすぎて、見たくないところも見えてしまう

だから面倒で嫌いになる

そんな感じです。

飽きるのではなく諦めていた

人間関係が続かないのは飽きるのではなく、諦めているだけかもしれません。

自分で自分を好きになれないと、素の自分を見せたら嫌われるという前提があるので、人と接するときに無理しちゃうんですよね。

ネガティブな感情が生まれることを含めて人間関係なので、本当の自分を人に見せる覚悟が必要です。

 

偉そうなこと言ってる私ですが、人間関係にも自分にも『完璧さ』を求めすぎていた時期があります。

泥臭い言い合いとか、感情がぶつかるようなことは避けて常に綺麗であって欲しいと思って。

みんなが波風立てずに笑顔でいるのが何より心の平穏で、自分の気持ちを隠して良いところだけ見せようと努力していました。

この事実に気づいたとき、自分に「良いところしか見せない上辺のつながりが欲しいの?」って聞いたんです。

私から返ってきた答えは「NO」でした。

変なこと考えて好奇心旺盛だけど疲れやすい、そんな私を受け入れてくれる人を大切に付き合っていきたいと思いました。

薄情とは違う

HSS型HSP気質は心の深い部分の交流を好み人付き合いも限定的だけど、薄情とは違います。

数は多くないかもしれないけど、一人ひとりを大切にして丁寧に関係を作る。

そして、状況に合わせて関係を変えていくのが愛情表現であり人間関係の築き方です。

人が好きだけど嫌いという真逆に見える感情は、2つで1つなんですよ。

 

人間関係が続かない現象は原因がいくつか考えられるので、じっくり掘り下げたいときは直接相談に来てくださいね。

一緒に自分らしく過ごせる方法を考えていきましょう。

関連記事