HSSだと思っているHSP「できない自分を責められる恐怖」

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

HSSだと思い込んでいるHSPは、できない自分を強く責めている印象があります。

そしてHSSのテキパキ動けるところや、ビシッと自己主張する姿に憧れていて「あぁなりたい」と必死に努力している。

今回は、そんなHSPの話です。

HSPはいじられやすい

HSPはスポンジのように受け取り上手なので、集団にいてもマイルドな雰囲気で癒してくれるんです。

何か言われても(表面上は)穏やかに「うんうん(^-^)」と聞いてくれるから、周りの人は小さい子供を見るように、思わずちょっかいを出したくなるんですよね(^^;

つまり、いじられやすい。笑

あれこれ口出して助けたくなるし、色々やってあげたくなっちゃう。だって、一生懸命で健気で良い子だから。

「できない自分を責められた」と感じる

HSPはエネルギーを受信するのが得意なので、HSS型HSPや非HSPと比べると行動量が少なく、動けない自分に劣等感を持つんですね。

すると、相手がフォローしてくれても「私ができないヤツって言いたいから、いちいち手出しするんでしょ!?」と自分ができないから責められていると過大解釈しちゃうんです(;O;)

しかも、「相手に悪気はないとわかっているけど、そんな風に歪んで考えちゃう自分は、なんて性格が悪いんだ(涙)」と二重に自己否定します。

好奇心旺盛だけど行動面でHSSとは違う

HSPが自分をHSSだと思うポイントに、好奇心旺盛・行動的というキーワードがあります。

だけどHSSから見ると、日常の範囲に収まっている好奇心、助けてもらえる行動だったりするんですよね。

(決して!責めているわけでも、バカにしているわけでもありません!)

HSSの好奇心

HSSの好奇心や行動は周りから理解されることが少ないし、気になったらリスクの大小に関わらず全部体験したくなる。

うっかり溺れて「助けてーーーー!!」と叫んでも、周りは冷静に「大変そうだね。でもなんとかなるでしょ!」みたいな空気出してきて。

けっきょく全部自分で尻ぬぐいして、今日もたくましさが増していく…

おっと、だいぶ個人的感情が入ってしまいました(苦笑)

HSPの好奇心

HSP気質は、そもそも知識欲という点で好奇心旺盛だし、空想が好きなので現実とはかけ離れたマイワールドのなかで好奇心を満たしています。

HSPが行動するときは安全・確実・ちょっとのリスクの選択肢を見つけて、えい!っと飛び込む。この状態をアクセルとブレーキと感じるんですね。

もしくは慢性的なストレスから感情が爆発して、パニックを起こして暴走することもあります。

HSPの不満

できない自分を常に見張っているHSPは、テキパキ仕事して堂々としている(ように見える)HSSに憧れを持つみたい。

話を聞いていると、心のなかで次のような不満を抱えています。

  • あの人は常識がないと思う
  • 普通はあんなことしないでしょ?
  • なんで私がこんな目にあわなきゃいけないの?
  • アドバイスくれたけど、絶対本心は私をバカにしている
  • 私がやることを見張ってるけど、それはあの人が自分に自信がないからだ

HSPはとくに、自分の美学や信念にそぐわない行動やアドバイスは頑固に受け入れません。

そして言葉で反撃しないけど、ずーっと根に持って相手の言動を見張って、自分の価値観が正しいという証拠を集め続け、メンタルを消耗しちゃうんです(/_;)つらいね

HSSは体が勝手に動いちゃう

HSSは、あまり「ナメられた」という理由で感情を揺さぶられることってないです。

「あのやり方は違うと思う」と感じることはあっても、仕事となると自分の感情を押し殺して、組織全体のために必要な行動を取らずにはいられないんです。

そういう外れる人や輪を乱す人を手なずけることも許容範囲で、仕事を肩代わりして3人分くらいの量をこなしたりできちゃうんですね。

動きたくなくても体が勝手に動いちゃうし、逆に動かないと不完全燃焼でメンタル病みます。

本音を飲み込み、感情を抑えるのはHSPと一緒なので、評価されるし必要とされているのに、逃げるように転職する現象は共通しますが。

HSSだと思っているHSPは、そこの違いを知ると肩の力が抜けて、本来持っている癒しパワーが戻ってきて、穏やかに楽しく暮らせるようになりますよ(*^^*)

関連記事

【HSS型HSP】に成り損ないの【HSP】って何それ!?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!