HSPHSS気質

<第3章>自分を知ると繊維さは武器になる

HSS型HSP気質と暮らすー基本のキー<第3章>です。

目次

<第1章>HSS型HSPの生きづらさが解消しない理由
1-1一般的なノウハウは非HSP向け
1-2HSSとHSPのどちらかに対策が偏る
1-3「共感」と「お手本」が得られない

<第2章>違いを知ると真実がわかる
2-1 非HSPの鈍感で図太いメンタルの真相
2-2 HSS型HSPと非HSPは行動の理由が違う

<第3章>自分を知ると繊細さは武器になる
3-1 自分だけの刺激対策を作成する

3-2 HSP初心者がやりがちなNG行為

<第4章>HSS型HSP全開で居心地の良い関係を作る
4-1 HSPだとカミングアウトせずに、HSPを理解してもらう
4-2 落ち込んだときの立て直し方
4-3 激しい感情の落差の扱い方

<おわりに>あなたの感じた、どれもが正解

<第3章>自分を知ると繊細さは武器になる

HSP、HSS、非HSP、それぞれの体の違いを知ったら、次は自分の特性をどう扱うかを考えます。

人によっては、HSPを知ると、

「今までの悩みは、持って生まれた気質が原因なの!?じゃあ、一生この苦しさを抱えていくの?」

と、深く落ち込んでしまうんですね。

HSPのデメリットしか見えない

私も、自分の持って生まれた特性を憎く感じた時期がありました。

繊細さは、自分を苦しめる悪い部分だと思ってきたし、コンプレックスもありました。

それが、突然「ギフトです」と言われても、受け入れがたいものがあります。HSPで得したことないから、デメリットしか見えない。

だから、刺激を受けない体にしようとしたり、刺激が全くない環境を作ろうとしたり、過剰な対策に走った時期もありました。

 

でもね、刺激を受けるのは呼吸と同じです。

生きていれば、常に何か刺激を受けています。だから、それ自体は『悪』ではありません。

悩みの原因は自分を知らないこと

今あなたが悩んでいるのは、自分を知らないことが原因です。

まずは、自分の刺激処理のキャパを把握しましょう。

どんな刺激をどれくらい受けると、どんな症状に繋がるのか。傾向と対策が把握できれば、「TPOに合わせて対応できる」と感じられるようになります。

この自己コントロール感という土台を作ると、HSPの特性を現実的に応用できます。

3-1 自分だけの刺激対策を作成する

自分だけの刺激対策を作成するために、何をすればいいのでしょうか?

私のオススメは、情報断食です。

情報断食とは、あらゆるインプットを止めることです。

断食する情報一覧
  • ネット検索
  • SNSの閲覧
  • テレビ、雑誌、YouTubeを見る
  • 読書
  • 人に相談する
  • 人と遊びに行く

これらの行為を全て、1週間~2週間ほどやめてみてください。

(仕事上のやり取り、日常生活での家族とのやり取りは除外しますが、必要最低限にとどめる意識でいてください。)

 

始めてみると、不安や孤独感が湧いてくるので、全て感じ切ってくださいね。

そして、五感をキーワードに、生活の中で【快・不快、好き・嫌い】を探してリストアップしましょう。

自分に集中する環境を作る

情報断食の目的は、自分に集中する環境を作るためです。

自分だけの刺激対策を作るには、他人の言葉を排除する必要があります。

境界線が曖昧で自信がないのに真面目なHSPは、情報を精査する力が弱いんですよね。

HSPについて調べても、必要な答えに辿り着けなくて、余計に頭がグチャグチャになっていませんか?

 

それは、情報のカロリーオーバーです!!

 

消費できないくらい情報を摂取しているので、自分本来の感覚が鈍り、適切な判断ができなくなっているんです。

だから、情報断食で自分に集中する環境を作ると、嫌なこと、心地よいことに気づけるのです。

3-2 HSP初心者がやりがちなNG行為

この章の冒頭で、「HSPを知ったばかりの頃は、繊細さのデメリットしか浮かばず、過剰な刺激対策に陥りがち」と話しました。

これって、HSPを知って生きづらさが増す行為だし、武器として使っていくには不利になる考え方です。

 

私も同じような考えを持っていた時期があって、添加物を徹底して排除しようとしたり、人が出す生活音にイライラしたり、なんてこともありました。

でも、対策すればするほど生活は窮屈になるし、人ともギクシャクしちゃうんですよね。

そんな状態で本音を見つけても、周囲の反応は冷ややかだし、やりたいことも応援してもらえません。

 

次に挙げるのは、HSP初心者がやりがちな『後々自分が不利になる』NG行為です。

・同じように対策しない人を責める

・自分が嫌なことをやめるよう周りに強要する

・HSPを理解してくれないと嘆く

・非HSPとの関わりを絶つ

これらのNG行為には共通点があります。ちょっと考えてみてください。

 

読み飛ばしたらダメですよ?

 

どうですか?

 

では、答え合わせです。

共通点は「他人に肯定してもらおうとする」でした!

自分軸がないまま他人に評価を求めても満足できない

HSP初心者が対策を取ろうとすると、すぐに誰かのお墨付きや身近な人の評価を求めようとします。

でも、自分軸がないまま他人に理解や評価を求めても、相手の価値観に振り回されるだけです。

これね、気持ちはすっっっごくわかるんです!!

っていうか、私がこれで失敗しました(-_-;)

 

HSPを知った当初は、家族に同じように興味を持ってほしくて、父や母に手紙を書いたり、本を「読んで」と送りました。

当時の彼氏や友達にも説明しました。

でも、家族の反応は特になく、ノーコメントでした。

彼氏は偶然HSPだったので、少し興味を示してくれましたが。だからと言って、特別配慮してもらった感じはありません。

友達も、HSPだったり非HSPだったりしますが。

そのときは「また、ももかが面白い物持ってきたよ」という感じで、説明を聞いてくれました。

だからって、その後の付き合いの中で、「ももかはHSPだから、ゆっくりでいいよ」みたいな気遣いは特にありません。

自分がどうしたい?何を求めてる?を、明確にする

当時の私は、自分で自分を認めるよりも、周りの人に受け入れてもらうことを優先していたのです。

でも、満たされませんでした。

「なんか反応薄い。やっぱり、みんな私に興味ないんだ(;_:)」

っていじけてました。

 

今振り返ると、自分で自分を理解していなかったから、相手にどんな反応をされても満足できなかったんだと思います。

だから、まずは自分に集中して、本当はどうしたいのか?何を求めているのか?を知ることが大切なんです。

これができると、周囲との関係性は劇的に変化します。

そりゃもう、驚くくらい。

変わりますよ…

<第4章>HSS型HSP全開で居心地の良い関係を作る