やみつき注意!HSS型HSPに派遣をオススメする5つの理由

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

私は、現在HSPの活動と並行して、フルタイムの派遣事務の仕事もしています。

始めた当初は、「ちょっと休憩して、体力が回復したら正社員での仕事を探そう!」くらいの気持ちだったのに。

いま登録している派遣会社が大好きすぎて、抜け出せない♡笑

『HSPと仕事』というテーマを扱うときに、具体的な職種や業種ではあまり話さないのですが、個人的に派遣という働き方が好きなので。

今回はHSS型HSP気質を持つ方へ、派遣で働く5つのメリットをご紹介しようと思います!

【メモ】
私が経験したのは、アパレル販売専門の小規模な派遣会社と、現在登録しているテンプスタッフです。
派遣として働いている期間は、2社の合計で3年半くらいです。

1.契約期間が決まっているから始めやすい

HSS型HSPが正社員に拒否反応を示す原因として、「飽きやすいのに無期限で雇用されることの窮屈さ」ってあると思うんです。

派遣の場合は、同一の指揮系統に所属できるのが『最長で3年』という決まりがあるので、最初から終わりが見ている分、気軽に始められるんですよね。

さらに、3年というのは、『1つの部署で契約を延長できる最大の年数』なので、派遣元によって最短の契約期間も決まっています。

その間は、1ヶ月や3ヶ月など、最短の契約期間が設定されているので、都度更新していくことになります。

(例)
2020年5月1日【ABC株式会社DE部F課】という部署に【3ヶ月更新】という契約で派遣された

2020年8月1日【契約の更新】をして、さらに3ヶ月働く(これを3年繰り返す)

2023年4月30日【ABC株式会社DE部F課】での最長契約期間終了

2023年5月1日【ABC株式会社GH部I課】という部署で新たに契約する(他にもいくつか選択肢あり)

※最短の契約期間は会社によって異なります
※3年経過後の選択肢はいくつかあります

未経験の場合でも、合わないなと思ったら更新しなければいいので、気軽に始めることができます。

ちなみに、私は最初のアパレル専門の派遣会社には、「1つのところにずっといると苦しくなるので、毎月違うお店に変えてください」と、お願いしていました(。-_-。)

小さい会社だったし、知り合いの紹介で登録させてもらったからできたワガママです。(当時の営業さん、ありがとう)

2.契約外業務は基本的に頼まれない

仕事で評価されることが多いHSS型HSPは、断ることが苦手で、「気づけば大量の業務を抱えていた」なんてこともありますよね?

そして、繊細な部分をさらけ出すことにも抵抗があるので、助けを求めたり、手を抜いたりするのも苦手で、心身ともに限界を超えて強制終了…という経験をされている方も多いでしょう。

派遣の仕組みとして、まず『派遣元会社』と『派遣先会社』が業務内容を決めて契約を交わします。

私たち登録スタッフは、派遣元会社からその業務内容の説明を受けて勤務をするので、派遣先の会社が契約内容に記載がない業務を強制してきた場合は、契約違反となります。

この効力は結構すごいです!断るのが苦手な私にとって、とても有難い印籠のような存在です!笑

いざとなれば派遣元に相談できる、という保険のような感覚ですね。

派遣先の社員さんも、契約違反というワードにはビクビクするので、新たな業務を依頼するときは「コレってお願いして大丈夫??」と確認してくれます。

私の方も、小さい頼み事とかの場合は、冗談で「本当は契約外ですよ〜」なんて言ったりしてます。

3.定期面談で仕事の悩みを相談できる

派遣会社とは契約更新のタイミングで定期面談があるので、仕事の悩みがあれば、そのときに相談することができます。

HSP全般に言えますが、相談って苦手ですよね。

特に、仕事の悩みを上司や先輩に話すのは、「いつ?どうやって?」とか、色々考えてしまって、結局ひとりで抱え込んで自爆しがち。

私がすごく良いなと感じたのは、予め面談の時期が設定されていること。

感情を掴んで言葉にするまでに時間がかかるので、正社員の頃は、

  • ストレスが溜まっていることに気づかない
  • ネガティブな気持ちを人に伝えるタイミングが掴めない

と悩むことが多々ありました。

派遣の場合は、契約更新のタイミングで強制的に『相談の時間』が設定されて、担当営業さんが「最近どうですか?」と聞いてくれます。

だから、私の方も数日前から「最近どうかなー?」と、自分の気持ちを振り返ることができるんですね。

ただ、派遣にしてから本当に仕事が楽なので、10回中9回くらいは雑談みたいなガールズトークをして終わります。笑

4.業務上のトラブルは派遣会社が仲介してくれる

派遣先で何かトラブルがあった際は、派遣元が仲介してくれるので、とても心強いです。

私は、派遣先でセクハラを受けたときに、担当営業さんにすごくお世話になりました。

【参考】実際に派遣会社に相談して感じたことを記事にしています↓↓

 

セクハラやパワハラって、社内に専用の窓口が設置してあったりしますけど、なかなか使う勇気出ないですよね。しかも、結局社内での異動とか業務停止レベルで終わっちゃうので、被害を受けた方が転職しなきゃいけなかったり。

ハラスメント系以外でも、いじめや職場環境など。

正社員同士だと、相談された方は自分の評価も気にするし、トラブルに巻き込まれたくないと思う人もいるので、泣き寝入りするしかなかったりします。

争い事が苦手で平和主義な私が、セクハラ被害に立ち向かえたのも、派遣会社の存在が大きかったです。

5.無駄な会議や社内行事に参加しなくていい

派遣を始めて1番のご褒美と言ってもいいくらい、やみつき要素が『無駄な会議』『社内行事』に参加しなくていいことです!!

誰も聞いていない研修とか、上司の自己満の勉強会とか、業務時間外の打ち合わせとか。

ぜーんぶ、スルー♡

正社員のころはロボットのように、社内営業を頑張ったり、上司の顔色を伺って仕事をしたり、終電まで残業したりしてました。

派遣の場合は、働く空間は社員さんと同じですが、雇用先は別なので「社外の人(業務を助けてくれるお客様)」ですし、派遣元にとっても、私たちは社員ではなく「登録してくれているスタッフさん」です。

だから、組織に雇用されて働くのが苦手な私にとって、どの会社からも距離を取ったポジションでいられる『派遣』という働き方が、パンケーキのように軽くて甘々なのです!

1年に1回程度、派遣元からの要求で「期限内に15分程度の動画を視聴してね』という名の研修はありますが、自分のタイミングでできるので負担は少ない。

テンプスタッフのような大手の派遣会社では、スキルアップの講習とかセミナーとかも用意されていて、PCスキルをあげたい人などは、自由に受けることができます。

組織で働くのが苦手なHSS型HSPは、自分のペースでスキルアップしていけるので、かなり時間と心に余裕が生まれます!

登録するなら大手の派遣会社を

私は、小規模のアパレル専門の派遣会社と、大手のテンプスタッフを両方経験して、「登録するなら大手の方がいいな」と感じました。

理由は、

  • 案件が豊富
  • 紹介先に大手が多い
  • サポート体制が充実している

この3つです。

大きい派遣会社だと案件が豊富なので、自分に合った働き方を見つけられる可能性が高まります。

また、派遣元が大手だと、取引先である派遣先も大手になります。

大企業では、もともと社員は溢れているけど、ピンポイントで人手が欲しいというニーズがあって、派遣社員を受け入れるという状態のようなんですね。

だから、1人にかかる業務負担が、中小企業よりも少なく済みます。

「短期間で集中して色んなスキルを習得したい」という人は、小規模の会社に登録すると良いかと思いますが。

「最低限の業務を確実にこなして、プライベートを充実させたい」という人は、大手の会社に登録することをオススメします。

ちなみに、テンプスタッフは、現在オンライン登録を実施しています。
すぐに勤務できない人は、開始時期も相談に乗ってくれるので、とりあえず登録だけするのもいいと思います。
テンプスタッフ公式サイト

「正社員で頑張るのが疲れちゃた…」
「未経験の職種にイキナリ正社員で挑戦するのは抵抗がある…」
「正社員ではできない柔軟な働き方がしたい…」

という人は、1度派遣という働き方も試してみるといいですよ。

HSPHSS専門メンタルトレーナー/趣味は人間研究。尊敬する人はアインシュタインと羽生善治さん。ジャガイモとチョコが好き。

関連記事