HSEチェックリスト

HSEとは、HighlySensitiveExtroversionの略で『非常に敏感な外向性』のことです。

HSPの中でも外向的な性格を持つ人を指した言葉で、カウンセラーのジャクリーン・ストリックランドによって提唱されました。

『とても敏感な人(HSP)』については、テレビで特集されるほど認知度が高まりましたが、HSEに関してはまだ情報が少なのが現状です。

【参考】世界一受けたい授業<新生活が始まる今こそ知りたいHSP>

 

私もすごく興味があって、自分がHSEなのかチェックしたくて検索したんですけど、正式なチェックリストが見当たらなかったので。

HSPについて4年以上情報収集を続け、お話会やカウンセリングを通して70人以上のHSPと接してきた私の、独自(脳内)データをフル活用して、オリジナルチェックリストを作ってみました。

  1. HSEチェックリスト(HSS型、非HSS型共通)
  2. HSS型HSEチェックリスト(HSS型に顕著な特徴)
  3. HSS非HSEチェックリスト(HSS型だけどHSEではない)

の3パターンを用意しました。多く当てはまるのが、自分のタイプです。

【補足】
性格に関するチェックなので、誰でも1度は経験するシーンが含まれます。
チェックする基準は、「ほとんど当てはまる」「気づくとそうなっている」です。
「一時的にそうなる」や「そうする時もある」という場合は、「当てはまらない」としてください。

<HSPとHSSのチェックは、アーロン博士のブログをご覧ください>
HSPチェック
HSSチェック

<「外向型」「内向型」のチェックはMBTIがオススメです>
16Personalities

HSEチェックリスト

当てはまる数をカウントしてください

  1. お店を決めるときは口コミや評価を必ず見る
  2. 人から誘われるよりも誘う方が多い
  3. 飲み会の幹事が得意
  4. 不満を感じたら誰かに共有せずにいられない
  5. 悩んでいる人は顔を見ただけで理由がわかる
  6. 集団の中で困っている人を見ると「私が助けなきゃ」という使命感が湧く
  7. 個性の強い人の間で板挟みになる
  8. (男性の場合)女性の愚痴聞き役になる
  9. 何かを決断するときは、全体の利益が最大になる選択をしたい
  10. 気づくと誰かの尻ぬぐいをしている
  11. いざというとき相手を優先して意見を引っ込めてしまう
  12. 器用貧乏だと思う

HSS型HSEチェックリスト

HSEチェックリストの数に加えてください。

  1. 利己的な人を見ると直接抗議して改善のために動く
  2. 「私がこんなに苦労しているのに!」とパートナーに訴えたことがある
  3. 人の成長や組織の成長に関わることにやりがいを感じる
  4. 未来の方向性を示すより、実行段階の旗振りが得意

HSEにHSSの要素が加わると「行動力」「実行力」が、戦略的に周囲を巻き込む影響力となって発揮されます。

HSS非HSEチェックリスト

当てはまる数をカウントしてください

  1. お店を決めるときは「自分流チェックポイント」をクリアするかが重要
  2. 人を誘うより誘われる方が多い
  3. 頼まれたときや、やる人がいないときは幹事をするけど苦手
  4. リーダーや管理職に抜擢されるが理由がわからない
  5. 会話するとき以外は人の顔を見ない
  6. 元気がない人に気づくが明確な理由まではわからない
  7. 言葉でハッキリと相談されたら全力で解決策を考える
  8. 感情的な人の主張は根拠が曖昧で怖い
  9. 人の目を気にせず仮説検証できる段階で最も成果が出る
  10. 前例がない課題に取り組むことが好き
  11. 何かを決断するときは、リスクを負ってでも前進する方を選ぶ
  12. オリジナルのやり方で成果を出すのが得意
  13. 苦労話や不満を人に話す必要性がわからない
  14. 仕組みが回り始めるとやる気がなくなる
  15. 必要に応じで「社交性スイッチ」を入れることができる
  16. 実行段階の旗振りより、未来の方向性を示すのが得意

HSSだけどHSEの外向性が薄い場合は、「行動力」「実行力」が、個人プレイヤーとして一目置かれる影響力となって発揮されます。

 

このチェックリストは、今後も継続してブラッシュアップしていきます。

経験談やあるあるなどありましたら、ツイッター(@momohsphss)などで教えていただけると助かります。

「外向的=社交的」ではない

一般的に「外向的な人」というと、陽気で明るく人と一緒にいるのが好きで、いつも大勢で行動しているイメージがあるかと思います。

こういう人をよく『社交的』と言いますよね。

でも、HSPやHSEについて説明する際に使われる『外向的』という言葉は、意味合いが違うんですよ。

内向的な人でも社交的になりますし、外向性を発揮することもあります。

だから、『HSP=内向的=非アクティブ』ではない!!というのが、アーロン博士とジャクリーンさんの主張です。

さらに、行動的で新しいことが好きな『HSS=社交的=アクティブ』という図式も、全てではないのです。

 

HSPでも、お喋り好きで感情表現が得意で、いつも人と一緒に行動している人もいます。

HSSでも、ひとりで行動するのが好きで、感情表現が苦手な人もいます。

これは『性格の違い』です。

【参考】HSEに振り回されている人へ。「外向的」「内向的」と「気質」の違い

 

外向的な人は社交的ですが、トラウマによって社交性を封印している場合もあります。

内向的な人でも、必要を感じていれば社交的になります。

ということで、HSEの説明として『社交的なHSP』とするのは、厳密には間違っていることになります。(私自身、当初の説明で「社交的なHSP」としてしまいましたが。)

『外向的なHSP』と表現するのがベストです。

ここで掲載しているチェックリストも、あくまで傾向なので1つの目安として使ってくださいね(*^^*)

HSPHSS専門メンタルトレーナー|気質×性格×能力=個性|少数派な内面を持つ人の笑顔と自信を増やすサポートをしています。

関連記事