疲れやすくて週5日8時間働くことが不安です

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

今回は、疲れやすく正社員で週5日8時間働くことに不安を感じてるというメッセージをもらったので、回答していきます!

メッセージ

新卒社会人・内向型hspです。

現在、正社員で週5日働いています。しかし、入社してから5日間連続で勤務できたことは最初の一月ほどくらいしかありません。

体調が悪かったり、もともとかなり疲れやすいため、正直一日8時間も働くのは自分にとってかなり負担が大きいと感じています。

現在は週に1日以上は休んでしまっている状況です。職場の方々にも迷惑をかけてしまっていて、休んでいる時も罪悪感でつらいです。

週5日8時間働けなくてもいい

HSPの悩みは様々な問題が絡み合っていて、今回のケースもまさに当てはまるけど、この記事では1番大事な部分を伝えますね。

単刀直入に言うと、自分に対してのハードルが高いんです。

普通に働けなくて、人より努力しなくちゃと思ってしまう気持ちもわかります。

週5日8時間きっちり働いて、しかもミスせず迷惑かけず、休みの日も充実させて…なんて考えませんか?

心のどこかで「みんな普通に週5で8時間働いているのに、同じことができない私は人として劣っている」と思っていませんか?

週5日8時間働けなくてもいいじゃない。

自分で経験して感じたことなんだから、短時間や出勤日数の少ない仕事を選んだとしても、誰に責められることでもないです。

HSPは「やらないこと」を決めよう

HSPは、仕事も日常生活もシングルタスクが得意です。

1日の中でできることが限られているので、『何をやるか』よりも『何をやらないか』をしっかり決めましょう。

責任感が強くて完璧主義だと、「アレもコレもやらなきゃ!」と、キャパを超えて無理しがちです。

多くのHSPは、知らず知らずのうちに1日のタスクを増やしてしまう傾向にあります。

そのタスクをよく見ると、やめても誰にも迷惑がかからない『自分ルール』だったりするので。

思い切って手放すと日々のストレスが減るので、その分早く回復できます。

本当に大切なことを見極めるチャンス

入社してから数か月は、社会の理想と現実のギャップに直面して挫折することは少なくないです。

人と同じように働けないと思い始めたなら、自分にとって「本当に大切にしたいことが何か」見極めるチャンスです。

週5で8時間働けなくても、人間的に劣っているわけではないと誰もが信じる世の中だったら、どうしたいですか?

そこから考えて優先順位が決まったら、日々の生活からタスクを少しずつ減らしてみてください。

応援しています!

関連記事