正社員がつらいから派遣にする?ちょっと待って

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

転職を考えている人で、派遣を選択肢にいれるとき。「正社員はつらいから派遣にしよう」と考えているなら、ちょっと待って。

派遣という働き方を最大限に活用するために、事前に知っておいた方が良いことをお伝えします!

自動で能力が上がるわけじゃない

雇用形態が変わっても、自動的に能力が身につくわけではありません。

正社員で培ったスキルをベースに、派遣でも仕事をします。だから、正社員のときにできることが、そのまま派遣でもできることです。

企業は、スポット的即戦力を求めて派遣と契約するので、未経験でも、仕事に必要なスキルは自ら覚えていくことが求められます。

対人関係力や自己管理スキルも、正社員と変わらず必要です。

派遣会社に明確な要望を伝える準備が必要

派遣で働こうと思ったとき、最初にやってくるのが派遣会社に要望を伝えることです。曖昧な状態だと、自分に合わない職場になってしまう可能性もあります。

事前に、

  • どんな職場で
  • 何がしたいのか
  • なぜやりたいのか
  • 残業時間と通勤時間の許容範囲

このあたりの要望は、明確にしておきましょう。

仕事を紹介してくれるコーディネーターさんも、人を見ますからね。「違うな」と思ったときは、きちんと断る姿勢や、どうして欲しいのかを伝える気持ちの準備をしておきましょう。

正社員のうちから練習しよう

派遣を選択することで、ライフスタイルに合った働き方が実現する可能性が広がります。私は3年以上派遣を経験していますが、とっても助けられました。

ただし、「いまの正社員がつらいから、派遣にすれば仕事がラクになるだろう」という気持ちだけで選ぶと、現実とのギャップに耐えられないと思います。

派遣になっても、環境に適応するスキルや、人間関係は発生するからです。正社員より採用のハードルは低いかもしれないけど、仕事を継続するとなると、また別の話。

派遣会社で用意された研修を積極的に受講して、必要な能力を身に着けていくとか、体調を崩さないように仕事量を調整するとか、その辺は意識的に動いていった方がいいです。

できれば正社員のうちから、働き方の要望を明確にしたり、現状でできることを少しでも増やしておくと、派遣の働き方を最大限活用できますよ。

それではー!

◇こちらもオススメ◇

関連記事