「全は個にして個は全なり 個は孤にあらず」絶対的孤独と相対的孤独

継続サポート中の方がメールで

だれかに答えを出してもらいたくなるけど、まずは自分がどんな生活、どんな働き方、どんな環境で、何をしたいか、内面を探索してみます。

と、コメントしていて。この言葉が心にめっちゃ響いた!!!

そうなの!その時間が自分との信頼関係を作っていくんだよ!

働き方サポートプログラムに参加中の方は

  • 転職活動中の方
  • 休職中の方
  • 起業チャレンジ中の方

など

働くことを通して自分と向き合って、新たな人生の道に進もうとしてるんですよね。

コンパスの効かない森の中を彷徨う感覚のなかで絶対的孤独感を味わうと、人間的な成長がハンパないです。

「全は個にして個は全なり 個は孤にあらず」の意味

「全は個にして個は全なり 個は孤にあらず」とは絶対的孤独感です。

絶対的孤独感とは、命として孤を味わうもの。

人とのつながりがあっても、最終的に自分はひとり。自分の人生は、自分で切り開いて生きていくしかない。

相対的孤独感は

  • 友達がいないから
  • 陰キャだから
  • 頼れる人がいないから
  • 相手が理解してくれないから

なにかと比較して「孤独だ」と認識するものです。

親や会社の上司との関係構築を諦めて、「もういい、所詮、人間はひとりなんだ」と物理的な孤立を選ぶ。

これは相対的な孤独感。

根本的な自信につながる

絶対的孤独感は、比較対象がない【絶対的】なもの。

一緒にいる人がいても、いなくても

理解されても、されなくても

最終的には孤独なので、自分の命は自分でまっとうするしかない。

コンパスの効かない森のなかで、正解のルートがわからないまま、出口を彷徨いながら歩き続けるようなもの。

そんなとき、信じられるのは自分の意思だけ。

この時間を乗り越えると、ちょっとやそっとじゃビクともしない、自分の存在に対する根本的な自信がつきます。(これを自尊心と言う)