「逃げなかった」という記憶がほしかったのだと思う

こんにちは、ももか(momohsphss)です。

新卒で入社したときは、キラキラした社会生活に夢を抱いたけど、いざ社会人になってみたら

ルール

前例

価値観

時間

いろんな「しがらみ」があって。

学生のときは、仲良くなりたいなと思った子だけ付き合うことができたけど。

仕事をはじめたら、苦手な人とも上手くやる術を身につけないといけない。

それって違うんじゃないかな

もっと、こうした方がいいんじゃないかな

なぜ必要なんだろうか

気づくこと

考えること

動きたくなること

いっぱいあるのに。

それは「みんなが心地よくなるように良くしたい。そのなかに自分も身を置きたい。」っていう気持ちだけなのに。

上司や先輩は

そういうものだから

考えすぎ

そこまでしなくていいよ

なんか…ブレーキかけらるような。

え?そこまでやったらいけないの?

わたしが間違ってるのかな?

社会で仕事するって諦めることなの?

もういいや

どうせ、こんなものなんだ

いや違う。もっと、なにかあるはずだ。

そうやってグルグル答えを探してる。

わたしは社会人1年目から、ずーーーーっと

こんな気持ちを抱えてたんですね。

なんとなく会社員で働き続ける自分に違和感をもって。計画もないままフリーランスに挑戦して失敗して。目が覚めて、現実と向き合う決意をして。

フルタイムで派遣事務しながら、ブログやSNSの投稿を続けていました。いまだから言えるけど、いっぱい理不尽な経験しました。

思い出のカミングアウト

これが普通の社会人なのか

わたしは既に、個人としてお金をいただく経験を積んでいたので。「みんな社員だけどお客さまみたい」なんて思いながら仕事してました。

会社に何をしてもらうか?

会社からどれだけ優遇してもらうか?

いかに要領よく都合よく、自分に負担のないように人を動かすか?

それでいて「うちの会社は」って自分のものみたいに話す。

これが普通の社会人なのか

これが当たり前で

わたしが間違ってるのか

なんて思いながら。

HSPの活動は隠していたから、上司から「ぜったい残業しないよね」って、ずっと嫌味を言われたしね。

それでも

わたしは負けない

この気持ちだけで過ごしてた。

「逃げなかった」という記憶が欲しかったのだと思う

そんな派遣時代に読み始めた、お気に入りのマンガ【3月のライオン】

主人公の零(レイ)は、中学生で将棋のプロ棋士になり、「天才」と呼ばれて業界では有名人。

小さいころに交通事故で両親と妹を亡くした零にとって、将棋は生きるための手段でした。

いつも学校では、いじめられて無視されて。

そんな零は、プロとして働く決意をして棋士の仕事をスタートしてから、1年遅れで高校に通い始めたんです。

3月のライオン

同じようにプロ野球選手を目指している男の子から、「なぜ、プロになってから学校に戻ったんですか?」って聞かれたとき。零は、

「逃げなかった」という記憶が欲しかったのだと思います

3月のライオン2巻

って答えるんですよ。

このセリフにとても共感した!!!

零の答えに対するコメントも

ピンチの時によく監督に「自分を信じろ」って言われるんすけど

自分の中にちょっとでも「逃げたり」「サボったり」した記憶があると

「いや…だってオレ あのときサボっちゃったし…」って思っちゃって

それができないんです

3月のライオン2巻

社会人になったら

自分の考えが間違ってるから、その場のルールに合わせて動くんだ

そんな適応パターンが染みついちゃって。

「ほかの人が間違っていて自分が正しい」

そうやって自分を信じることが、できなくなっていました。

それで「変えられないなら、自分がいなくなればいい」って諦めて転職をくり返してたんですね。

「ただの意地」を大切にした

社会のヒエラルキーのトップは、会社員で何十年も働き続けられる人だと思ってたから。

わたしは浮世離れした怪しい仕事で、だれにも理解されず「なにやってんの?」って笑われながら生きてくんだ。

そう思ったり。

派遣をしながら、「ワンチャン会社員いけんじゃないの?だって、いままでも成果出してたじゃん」とか、とても葛藤があったけど。

理不尽に耐えながらも、最後までまっとうしたのは意地。

「逃げなかった」という記憶が欲しかった。

最後までやり抜いた

納得するまでやった

それでもダメなら、もう本当にダメなんだろう

負けず嫌いで向上心オバケの自分が、心の奥底から自然と「もういいや」って思えるまで。決めたことをやろう。

で、最後までまっとうしたら、達成感がハンパなかった。

最終日は、引継ぎしながら「この環境で、よくやったよ自分」ってボロボロ泣いた。

周りは涙の理由を理解できなかったと思う。

それでもいいの。

だれよりも自分がいちばん知ってるから。