繊細な人は動物園や水族館が楽しめない

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

動物園や水族館は好きですか?

私は悲しくなるし、二日酔いのように気持ち悪くなって楽しめません。

どうしてもテンションが上がらないのは冷たい人間だからだと思って、あまり人にも言えませんでした。

ところが、人口の20%に存在するHSP(とても敏感で繊細な気質)を知り、刺激を受けやすく感受性豊かな特性が原因だったと判明したのです!

感受性が豊かで刺激を深く処理し、どんどん思考を展開させるので、些細なことが気になって頭から離れないんですよね。

動物園や水族館の違和感

動物園や水族館に行くと本当に色々考えて、帰るころには胃もたれします。

ここでは、私が気になることを挙げてみようと思います。

施設に対しての違和感

  • 人工的に作り出された自然に違和感
  • 水槽など動物が暮らしている環境が老朽化していて汚れが気になる
  • 人によって演出されている感覚になる

見世物として動物を扱う違和感

  • 檻の中にポツンと一匹だけいると切なくなる
  • どこから来たの?と動物の家族の心配をする
  • 人に見せるために生まれた気持ちを想像して悲しくなる
  • 命を「展示」ってどうなの?人間が展示されてたら嫌じゃない?という疑問

人が集まる場所での疲労

  • 子供の叫び声が耳に刺さる
  • 夏は暑いし冬は寒い
  • 衛生面での不安
  • 他の人のペースを考えながら、ぶつからないように歩くから疲れる

 

たぶん、生命倫理の領域について考えさせられるのだと思います。

あと、単純に人が多いから疲れる。

 

HSPは光や音、人や物が発する見えないエネルギーも深く処理する性質があるので、ひといちばい疲れやすいです。

動物園や水族館では、「人」「動物」「場所」のエネルギーが刺激となって、体調に影響が出ていたんですね。

楽しめないのは冷たい人間だからではなく、ひといちばい繊細な気質が原因でした。

否定することなく、素直な感覚として持っていいんですよね!

 

それではー

関連記事