恋愛が長続きしないのは「愛情の確認行為」のせいだった!?

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

恋愛が続かない人は、気づかないうちに相手の気持ちを試して、自分の存在を肯定しようとしている可能性があります。

私も最近、愛情の確認(試し)行為をしていたと気づいたので、記事にまとめてみようと思います。

愛情の確認行為

愛情の確認行為とは発達心理学用語で、幼児がお母さんをわざと困らせて愛されていることを証明しようとする行為のことです。試し行為とも呼ばれています。

女優の遠野なぎこさんのブログが、すごくわかりやすいので引用しますね。

ぐずり、泣き叫び、腕の中から逃げようと暴れている子供を強く優しく抱きしめて離さない。

自分が欲していた理想の『母親像』

男性を通して『その姿』が見たくて…突き放しては抱きしめてもらい、何度も何度も愛情を確認してしまうんです。

そうする事でしか愛情を計れないんです。

引用元:遠野なぎこさん/異常な『愛の確認行為』

愛情の確認行為は、言葉以外にも行動や仕草も当てはまります。あらゆる手段で相手の気持ちを確かめないと不安になるんですよね。

愛情の確認行為を繰り返した私の話

私は彼氏がいても、友達がいても、常に「いつか離れていくんじゃないか」という不安が付きまとっていました。(好意を寄せられるほど、見捨てられるのが怖くなる)

言葉なんて薄っぺらで、嘘もつける。「私のことを本当に好きなら、いつも100%の愛情を感じさせてよ!」と思っていたんですね。

人の気持ちはある日突然変わるから、信じられない。

それにも関わらず、「私のこと好き?いつも想ってる?」なんて聞いたら、めんどくさい女だって思われるのもわかっていました。

そんな私が『愛情の確認行為』と知らずに選択した行動は、次のふたつ。

  • 興味がないフリをする
  • 悲劇のヒロインのフリをする

 

人並みに彼氏はできるけど、恋愛を楽しいと思ったことがなく、むしろ感情を乱されて不安な毎日を過ごして、自分が自分じゃなくなる恐怖の方が大きかったんです。

だから、

「私の全てを愛してるなら、どれだけ冷たくしても追いかけてくるでしょ。」

「私の全てを受け入れてくれるなら、欠点だらけの性格を理解してくれるでしょ。」

無意識にこう考えて、試し行為を繰り返していました。

自分で自分を幸せにする意識

愛情の確認行為をやめるには、自分で自分を幸せにする意識が必要です。

正直に気持ちを伝えることも大切ですが、度を超すと相手も重たくなるので。自分磨きをしたり、コンプレックスを克服したり、恋愛以外の部分で自信をつける努力をすると、心の安定につながります。

私も、冬に人恋しくなって男性に求める負のパターンを断ち切る努力をしたら、とても安定してきました。

同じように悩んでいる人がいたら、一緒に頑張りましょう。

関連記事