人間関係がガラッと変わる雑談の威力

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

雑談って、上辺の会話みたいな印象があって苦手でした。

「その場しのぎの意味ない会話に愛想笑いするなんて疲れるだけじゃん」と思って広げる意識もなく。

だからなのか、人と心の深い部分で話したい思いはあるけど、人間関係はぶつ切りで続きません。

ところが、【誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方】に書いてある方法で雑談をしてみたら、転職先で仲良しの友達もできるし、ヒステリックな女性の先輩にも軽く対応できちゃう!

しかも、本当に大事な心の聖域は守りつつ、人と楽しく会話ができるようになったんです。

あれほど「いらいない」と避けてきた雑談を使ってみたら、人間関係が劇的に改善されました!

「誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方」で学んだこと

私が、誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方で学んだことは、大きく2つあります。

雑談は人間性を知る手がかりになる

苦手な相手ほど積極的に雑談すると、コミュニケーションの潤滑油になり、人間性がわかるようになるんですね。

人間関係で怖いのは、相手が何を考えているか読めないことだと思いませんか?

相手の情報が少ないと、ひとりでモンモンと考えがちです。

「あの人に話しかけたら怒っているみたいだった。気に入らないことしちゃったかな?」なんて、ひとり反省会を続けていた私も、積極的に雑談をして相手を理解できると、「言い方キツイけど優しい人なんだよね」と、落ち込む時間が減りました。

気持ちを言語化してストックする

雑談を盛り上げるために、普段から自分の気持ちをキャッチする癖をつけます。

会話は『言葉』のキャッチボールではなく、『気持ち』のキャッチボールらしいです!

普段から気持ちを言語化してストックしておくと、主張を通したい場面でしっかり意見を言えるようになりました。

気持ちをキャッチできるようになってから、人間関係が暖かく柔らかくなったと感じています。

実際に使って良かった雑談テクニック

誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方には、すぐ使える会話術がたくさん紹介されています。

私が実際に使って、特に「これは良い!」と感じたテクニックを紹介します!

「おろかさ」「気恥ずかしさ」を感じた場面を思い出す

私が雑談を使うようになって大きく変わったのは、恥ずかしい気持ちを隠さなくなったことです。

盛り上がる会話は、楽しかったことだけじゃないんですね。

むしろ「おろかさ」や「気恥ずかしさ」を感じた場面を話すと、人間味が増して愛されるんです。

日常生活の中でちょっとしたエピソードを持っておくと、苦手な人と話さなきゃいけないときにも役立ちます。

「怒りの感情」はカラッと話す

雑談を取り入れたことで『怒りの感情』を健康的に発散できるようになりました。

怒りはカラッと話すと、ただの愚痴になります。

たまに話す怒りは感情の共有なので、あまり深刻にならないように気を付ければ、心の健康も保たれるんですね。

グループの会話は話し手の方を向き相槌を打つ

グループの会話のときでも1対1のときでも、やることは変わりません。

複数人で話すときは、話し手の方を向きながら相槌を打つだけで「参加してますよ」という合図になります。

さらに、会話の内容に合わせてリアクションするだけでOK。難しいことはなし!!

自己流にアレンジして重宝したテクニック

雑談で会話を広げられると、「広げたくないときにも応用できる」と気づきました。

会話したくないときは、自分の情報を出さないようにします。

距離を取りたい人と話すときは、気持ちをオープンにせず相槌だけ打つ。「そうですか」「はい」「まぁ、ええ」みたいに、ただ言葉を並べるだけ。

会話を広げるテクニックを習得すれば、自分のタイミングで会話を終わらせることもできるようになります!

ずっと雑談が苦手で、お天気の話やワイドショーネタを話す意味が理解できませんでした。

本音で話せる人だけ欲しいと思っていたら、人間関係はぶつ切りで続かなくなっていたんですね。

ところが、雑談を積極的に取り入れるようになってから、人間関係が改善されて様子が変わりました。

すごいよ〜!雑談いらないとか言ってた自分を叱りたい!!「雑談を甘くみるんじゃない!たかが雑談、されど雑談だよ!」ってね。

気になった人は、本も読んでみてください。

それではー

関連記事