自分と他人の境界線がない人はHSPかもしれない

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

あなたは頼まれごとをキッパリと断れますか?人に優しく気配りをしているのに自分は後回し?

心の境界線が曖昧だと、人のために一生懸命になるほど自分がボロボロになってしまいます。

なぜか流されて自分の意志を貫けず、あとから後悔してしまうのは、とても敏感で高い共感力を持つHSP気質が原因かもしれません。

HSP気質は言葉のコミュニケーションが苦手

HSP(HighlySensitivePerson)は人口の20%に存在する気質で、アメリカの心理学者によって提唱されました。

生まれつき右脳の働きが活発で五感が鋭いので、些細な変化を敏感に感じ取り、相手の表情や声の雰囲気から本音を見抜きます。

直観力が優れていて表情や声のトーンなどを敏感に察知するので、「何も言われてないけど、なんとなく大変そうだから助けなくちゃ!」という現象が頻繁に起こるんですよね。

 

HSPは言葉よりも感覚のコミュニケーションを好む傾向があり、音楽や写真に心を揺さぶられたり、人間同士でも感情の繋がりを大切にします。

逆に言葉のコミュニケーションは嘘っぽく感じて、会話に苦手意識を持っているケースも多く、人間関係の悩みも抱えやすい。

心の適切な距離感を保つ習慣がないので、つい限界を超えて人助けをして自分の感情がわからなくなってしまうんです。

「振り回された」「侵害された」と感じる

HSPの境界線問題は2パターンあります。

  1. 境界線が薄いと自覚していて、侵害されることが悩み
  2. 境界線の概念がなく、無自覚に他人と同化している

境界線の薄さを自覚できる人

「私は境界線が薄くて人の意見に流されがちだから、はっきり自己主張して本音を出さなきゃ」

こう思っている人は、境界線を意識できている人です。

薄いけど、境界線はある。

人間関係では適切な距離とマナーを守り、お互いのテリトリーを尊重しなければならない、というルールを厳しく設定しすぎるんですよね。

自分が境界線を越えないことを常に意識しているので、相手が踏み込んできたときに許せなくなる。

境界線の概念がなく無自覚に同化する人

「いつの間にか他人の価値観をコピーしていて、それが自分の意見だと思って疑わない。離れてしばらくして気づく。」

こう思っている人は、境界線の概念がなく常に周りと同化している人です。

薄いっていうレベルではなく、もはや境界線がない。

だけどHSPで高い共感力を持っているので、無自覚に他人の思考や感情を吸い取っているんですよね。

【あの人=私】という図式が無意識に成り立っているので、自分と他人を区別することが困難です。

自分と他人の境界線

自分の境界線がないと他人の境界線も無視しがちです。

そもそも日常生活で心の領域を意識する習慣がないので、「ここから先は相手の問題」と距離を置いて人と接する方法がわかりません。

境界線が引けずに悩む人は、相手に踏み込まれたことが問題だと思っているけど、実は自分も踏み越えているんですよね。

過激な表現ですが、被害者だと思ったら加害者だったみたいな。

 

自分と他人の境界線を作るのが苦手な人は「どこまでが誰の責任か?」を曖昧にしがちです。

とても敏感な気質であるHSPの場合は、些細な感情の変化も感じ取ってしまうため、どうしても他人の問題に踏み込んでしまう。

境界線の目的はお互いの限界を把握して、できること・できないことを明確にすることです。

不愛想にするとか、自分勝手に振る舞うことでもありません。

HSPが境界線を作るには

HSPに特化したポイントは、湧いてきた思考や感情の持ち主が誰のものか意識して、観察する習慣を取り入れると強化できます。

自分の感情から距離を取って観察できると、相手とも距離を保つことができます。

たとえば相手がイライラしているとき、「あの人が怒っているけど、私は私に集中しよう。」など、本来の感情の持ち主が切り分けられるんですね。

すると、心や行動に境界線を設定できるようになります。

繰り返し練習して慣れてくると、自分の心と体の傾向がわかってきますよ。

 

他人の感情に気を配ってばかりいると自分の感情には鈍感になるので、本来の感覚を復活させましょう。

日ごろから「いま私の気持ちはどう?」と自分の心に注意を払い、平常心がどういう状態なのか把握します。

そうすると、急に感情が揺れたときに「あ、いま神経が高ぶっているな。これは私の感情?他の誰かのもの?」と、落ち着いて判断できるようになります。

関連記事