HSS型HSPが「空気読めない」と感じる理由

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

HSS型HSPは気を張って空気を読み、その場の正解を探しながら行動しています。

ところが良かれと思った発言でネガティブな反応をされたり、自然体で振舞っていたら白い目で見られたり。

空気を読み間違えたと感じて、「やっちまった!」と自己嫌悪になる瞬間があるんですね。

空気が読めなくなる理由は気質の特性が影響している現象なので、原因が理解できると自分責めの圧が減りますよ。

刺激を受けすぎた

HSPの特徴として刺激過多だと本能が暴走して理性が働かなくなります。

刺激を受けやすくエネルギーの消耗が早い脳で、いつも周りを見張って緊張感を持っているので、次のような状況だと混乱しがちです。

  • 過集中による脳疲労
  • 寝不足
  • 自律神経の乱れ
  • 初めての環境
  • 空腹

など。

主な原因は脳疲労で、ストレスが大きい状況では正常な判断ができません。

また内臓感覚も敏感なので、空腹が気になって他の出来事に配慮する余裕がなくなる場合があります。

抑えられない好奇心

HSS型HSPは新しいことに目がないとか、好奇心旺盛という特徴があります。

好奇心を刺激されると行動を我慢できないので、イノシシのように目の前のことに全力で取り組みます。すると周りを気にする余裕がなくなり、空気が読めないと思われるケースがあります。

普段は読みすぎなくらい人の気持ちを読もうとするのに、ワクワクしたり新しい興味に触れると、動かずにはいられずウッカリ目立ってしまうんです。

「エネルギー循環欲」という本能

HSS型HSPは持っているエネルギーが大きく、集団に対して影響を与える存在です。

エネルギーが大きいのは、動くから・発言できるからなんですが。自分のせいで人を傷つけたと思い込むと、行動や発言が怖くなって殻に閉じこもってしまうんですね。

ところが本能的にエネルギーを循環させたい欲を持っているので、体の作り的にいつまでも溜め込めないんです。汗

HSPの刺激を深く処理する性質から、一度気になったことはずっと頭に残るし、HSSの新奇探求性で実際に行動せずにはいられない。

 

エネルギー循環欲が満たされないと体調崩したり、お金の問題を作ったりして、潜在意識はどうにか発散させようとします。

無理やり湧き出る欲を抑えるから、どこかのタイミングで爆発して理性が効かなくなるんですね。

この状態が空気読めず、自分勝手な行動をしているように見える原因です。

細かいこと気にしないのがHSS

HSPは些細なことをずっと気にしてしまう気質ですが、HSSは豪快でおおざっぱで細かいこと気にしない気質です。

石橋が見えるまでは慎重に動くのに、目的地が見えたら一目散に走り出します。ひび割れていても「超えてみたい!」と危ない橋ほどワクワクします。

スリルと冒険を求め、未知の世界へ飛び込みたい衝動が抑えられないのがHSSです。

だけど、ふと一息ついたとき急にHSPの繊細さが襲ってきて「なんてことしちゃったんだ!」「人の気持ち全然考えられてないじゃん!」と自分を責めます。

そして誰からも何も言われていないのに、勝手に反省して落ち込むんですね。

まとめ

このようにHSS型HSPは両極端な性質が常に同時に機能しているからこそ、繊細で大胆な行動ができるのです。

人間なので、いつも完璧に空気が読めるわけではありません。

余裕がなくなれば周りに構わず暴走し、人の気持ちを察することもできません。だけどHSPなんです。

なぜなら非HSPは、空気が読めないことに対してそこまで気にしないからです(;・∀・)

 

関連記事
HSS型HSPは「アクセルとブレーキを同時に踏んでいる」ってどういうこと?

関連記事