「空気読めないからHSPじゃないのかな?」とHSS型HSPが感じる理由

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

HSS型HSPは、いつも気を張って空気を読み、その場の正解を探しながら行動しています。

ところが、突然「やっちゃった!」と空気を読み間違えたと感じることがあるんですね。

良かれと思ってした発言で、人から指摘されたり。自然体で振舞っていたら、なんか白い目で見られた気がしたり。

 

カウンセリングでも、「HSPの本を読みましたが、私はあそこまで人の気持ちを察することができない気がします。だから、HSPではないと思いました。」と言われる方がいます。

でも、みなさんHSS型HSPです。

空気が読めなくなってしまうのは、気質の特性から来る現象なので。そこを理解できると、自分を責めることがなくなります。

刺激を受けすぎて理性が働かなくなっている

まず、HSP全般の特徴として『刺激過多の状態だと、本能が暴走して理性が働かなくなる』ことが挙げられます。

刺激を受けやすく、エネルギーの消耗が早い脳なうえに、いつも周りを見張って緊張感を持っているので。疲れていたり、ストレスが大きい状況では、正常な判断力を失ってしまうんですね。

HSPが理性を失う状況は

  • 集中し過ぎて脳が疲れている
  • 寝不足
  • 自律神経が乱れている
  • 初めての環境で混乱している
  • お腹が空いている

などです。

脳疲労が主な原因ですが。内臓感覚も敏感なので、お腹が空いていると、そのことがずっと気になってしまって、他の出来事に配慮する余裕がなくなる場合があります。

衝動性と好奇心でウッカリ空気が読めなくなる

HSS型HSPは、『新しいことに目がない』『好奇心旺盛』という特徴があります。

好奇心を刺激されると、行動せずにはいられないので、イノシシのように目の前のことに全力で取り組み始めます。

すると、周りの反応を気にする余裕がなくなり、結果的に「空気読めてない」ことになってしまうんですね。

普段は、人の気持ちを読み過ぎるくらい読めるのですが、ワクワクしたり目新しい興味に触れると、動かずにはいられずウッカリ目立ってしまうんです。

「エネルギー循環欲」という本能

スピリチュアルっぽいですが、HSS型HSPはもともと持っているエネルギーが大きく、集団に対して大きな影響を与える存在です。

エネルギーが大きいのは、動くからだし、発言できるからなんですが。

この持っているエネルギーで人を傷つけたと思い込むと、『行動すること』『発言すること』が怖くなって、自分の殻に閉じこもってしまうんですね。

でも、本来は本能的に「エネルギーを循環させたい」という欲を持っているので。体の作り的に、いつまでも溜め込んでいることができないんですよ。汗

 

だから、体調崩したり、お金の問題を作ったりして、潜在意識はどうにか発散させようと奮闘します。それに逆らって湧き出るエネルギーを抑えようとしても、どこかのタイミングで爆発して理性が効かなくなるんですね。(=強制終了)

この状態が、『空気読めず自分勝手な行動をしている』という風に見える原因の1つです。

細かいこと気にしないのがHSS

HSPは些細なことをずっと気にしてしまう気質ですが。HSSは、おおざっぱで豪快で、細かいこと気にしない気質です。

石橋が見えるまではすごく慎重に動くのに、目的地が見えた途端、一目散に走り出します。穴が開いていても、ひび割れていても、「ま、なんとかなるっしょ」という感じで。

スリルと冒険を求め、未知の世界へ飛び込みたい衝動が抑えられないのがHSSです。

だけど、ふと一息ついたときに、急にHSPの繊細さが襲ってきて「なんてことしちゃったんだ!」「人の気持ち全然考えられてないじゃん!」と自分を責めます。

そして、誰からも何も言われていないのに、勝手に反省して、勝手に落ち込むんですね(^^;

 

このように、HSS型HSPは両極端な性質が『常に同時に』機能しているからこそ、繊細で大胆な行動ができるのです。

人間なので、いつも完璧に空気が読めるわけではありません。

余裕がなくなれば、なりふり構わず暴走しますし、人の気持ちを察することもできません。だけど、HSPなんです。

なぜなら、非HSPは空気が読めないことに対して、そこまで気にしないから。

 

音声でも解説しました↓
(再生ボタンを押すと始まります)

さらに詳しくHSS型HSPの特徴を知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

HSPHSS専門メンタルトレーナー|気質×性格×能力=個性|少数派な内面を持つ人の笑顔と自信を増やすサポートをしています。

関連記事