アレコレ手を付けすぎて収集がつかなくなったときの対策

さいきん取り組んでいるのは、やりたいことをやり続けるための、さらなるスキルアップです!

で、ずーっと悩みだったのは、アレコレ手を付けすぎて収集がつかなくなること。

いつのまにかタスクが増えている。

とっ散らかって、どれも中途半端。いらない遠回り、ケアレスミス、小さなストレスが蓄積される。。。

なにを、どこから、どうやって片付ければいいか考えると頭がパニックになり、フリーズし、1週間が過ぎ。。。

もうやだ!考えるのもめんどくさい!

全部やめたい!

ってなる、脳内メモリのポンコツ具合に悩んでおりました。

ところが!!さいきん一筋の光が!!!www

タスク管理が上達したかもしれん!!

やってることを全部紙に書き出す

とにかく書き出す。これがめっちゃ良きです!

ポイントは【事実】を書き出すこと。

やりたいことではなく、やるべきこと、やっていることすべて紙に全部書き出すのです!

「やることが溢れてパニック!」ってなるとき、目の前のことでいっぱいいっぱいだから、全体像が見えると動きやすくなるな~と思いました。

仕事は楽しいかね?でも、あらゆることを書きだすって言ってた。

著:デイル・ドーテン, 翻訳:野津智子

それから

やることが増えて収集つかなくなる原因は、取捨選択ができていないからだと気づきまして。

売れてる人、仕事で成果を出している人を観察していると、共通して「やらないことを決める」と言っているんですよね。

これって境界線を引くことなんです。

非エッセンシャル思考の人は、線を引くのがあまり好きではないようだ。境界線をなくしたほうが、バリバリ仕事ができると思っている。

一方エッセンシャル思考の人は、境界線を上手に利用する。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
著:グレッグ・マキューン, 翻訳:高橋璃子

それって本当に必要なこと?

それって本当に「いま」やるべきこと?

それって本当に「自分で」やること?

こうやって自問自答して、紙のうえに並んだ仕事を俯瞰して、吟味し、やらないことを決める。

仕事やプライベート関係なく、自分が何をしているか頭のなかで再生して、行動を全部紙に並べてみる。

ビックリしますよ。

いつのまに、こんなタスク増やしたん!?

って、自分にツッコミ入れたくなる。

う~んタスクの優先順位付け。10年かかって、ようやく形になってきました。

そんな感じです!