「他者」を通して「自分」を受け取る【認証の大切さ】

インプット過多でアウトプット渋滞が起きているとき、「とにかく出す!」というのがブログを6年続けるコツです。

ってことで

やって参りました!読者さんが、ももかの雑談に付き合うコーナーです!

意見は言葉にしてから作られる

byナラティヴ・セラピー

なにが言いたいかまとまってないさ!出したら見えてくるだろう!

いってみよー!

やってみよー!

「他者」を通して「自分」を受け取る

あるお客さまがメールで、日常の些細なシチュエーションに対する自分の反応を教えてくれて。

わたしも丁寧に掘り下げたいと思ったので、セッションの日に状況や気持ちをじっくり聞いていったわけ。

で、お客さまが教えてくれたのは

「わたしの話を聞いてもらえた!」

「わたしが過去に話したことを覚えてくれてた!」

とか、相手の態度によって嬉しさと戸惑いが生まれたっていうことだったの。

ここで、ももかは思った。

相手を通して自分で自分の存在を受け取れたってことない!?

心理分析をお伝えしたらば、お客さまも「それだ!!!」となり。いわゆるインナーチャイルドや自己認識について、深堀していく流れになりました。

自分の存在を認証してもらえる

相手を通して自分の存在を認識する

わたし、ここにちゃんといるんだ

そんな自己認識を深める。

今回、ももかが気づいて拾った背景には、思い当たる個人的な経験もあったから。

はじめてHSP気質のカウンセラーさんと話した日の帰り道。

電車で席を譲った相手の人から、満面の笑みで「ありがとう!」と言われたんですよね。

私は全然頑張ってないのに!

あんなに笑顔で「ありがとう」と言われるんだ!

なんだ、こんな簡単なことだった!

「私の能力か?」と少し考えただけで、こんなに見える世界が変わるなんて!

このパラダイムシフトが起きたのって、相手を通して自分の存在を受け取ることができたからだと思う。

自分⇒相手

自分⇐相手

相手がしっかり自分の存在を認証してくれたことで、自分でも自分の存在を受け取ることができた

う~ん、この感動!!

文章だと伝わりにくいだろうな~

ただリアクションするだけじゃない

認証は、ただリアクションされるだけじゃない。ちゃんと相手の存在を受けとめたうえで、さらに照らし返すもの。

よく「挨拶しましょう」っていうのも、あなたの存在を気にかけてますよっていうメッセージですよね。

これも、そうやって対応した方が「自分が気持ちよくなれる」っていう意図が透けてると、受け取る側って窮屈感あるんですよ。

そうじゃなくて。

純粋に「あなたの存在が、わたしをこんな風にさせてくれました」っていう。この意図でのやり取りがめっちゃ大事!

これがあると、相手を通して自分という存在を受け取ることができるの。

生身の人間との関わりのなかで、いかに【認証】を体感できるか?

改めて大切なポイントだなぁと感じてます。