使命の発揮をサポートする使命

小さいころから。

魅力が人に伝わってない子がいると、どうしても声をかけて仲良くなりたい気持ちになって。学年中の女子から嫌われていた子と親友になったこともありました。

小学生で乙武洋匡さんの『五体不満足』を読み、中学生では、知的障害を描いたドラマ『アルジャーノンに花束を』にハマって。総合学習の時間にADHDを調べるような。

  • 多くの人と違うものを持っている人
  • それでも懸命に生きている人

なぜか、こうした人に強く心を動かされる子どもでした。

あるワークショップに参加したときも、「置いてけぼりになっている人がいたら、最後まで残って、ちゃんと待ってあげて、一緒にいてあげそうな人だよね」と言われたことがありました。

わたしはきっと、最初から。

ひとには生まれ持った魅力があり、存在しているだけで、だれかに影響を与える。

そんなキラッと光る【なにか】があるのだと知っていたのかもしれません。

社会でのポジショニングがわかる安心感

成長するにつれて、【役割】を強く意識するようになって。

体中の力が抜けて、視界がパッと晴れたのも、社会での自分のポジショニングが理解できたときでした。

頭のなかで、チェス盤みたいにフィールドが広がって、「あの人の役割はこれ、この人の役割はこれ」って位置関係が理解できたとき、ものすごく安心して。

「じゃあ、わたしの役割はコレか」って、ストンって腹落ちしたと同時に、ダムが決壊したみたいに号泣しましたwww

人には、それぞれ【役割】がある。

はじめて社会人になって、最年少で昇進して、それでも不器用すぎて、できないことだらけで。

大人で聞き分けのいい先輩たちは、「神輿を担がれるリーダー論」とか「部下がいるから上司がいる」とか、そんな話をたくさんしてくれたけど。

全然ピンとこなかった。

それから何度も、何度も。

チームで働くってことは、バンドみたいなものか。

ボーカル、ギター、キーボード、ドラム。それぞれ得意なものを選ぶ。

バレーボールだって、ポジションがあるもんね。

レフト、ライト、セッター。

社会で働くっていうのも、そういうことなんだ

なんて、自分で自分に説明してきたけど。

頭で納得しているだけで、心の底からフィットした例えか?っていうと、そんなことなかったです。

それが、いま。

すごくフィット感があるのは、社会全体で人それぞれ【役割】があるってこと。

ひとつの企業の部署単位で考えていたから、しっくりこなかったのかなと思う。もっと抽象度を上げて考えた方が圧倒的に納得感がある。

使命の発揮をサポートする使命

真夜中の不思議体験で「人の命を守ることが使命」というメッセージを受け取って。驚きよりも「まぁ、そうだよね。うん」って。

過去の経験からも、思い当たる節しかない。うん、生命力を呼び起こすチカラがあるみたいです……

とはいえ、です。

ここから自己流の解釈が入って。

ストレートに希死念慮のある人を助けるとか、そこじゃなくって。

いま感じているのは、使命の発揮をサポートすることなのかな?と思います。

命を守るというのは、物理的な死を阻止するという意味ではなく。

人それぞれ与えられた【役割】を通して、今世で命を存分に使えるようにサポートする。

命の使い方=使命=役割

死んだように生きている人もいますからね。

それって命を十分に活かしきれていないってことだと思うのです。

仕事を通した「使命」を考えるのが好き

仕事選びには、その人の価値観が反映されていて。働き方で自分の扱い方が浮き彫りになる。

なので、人柄が伝わるお仕事とか。仕事を通しての人とのつがなりとか。そうした活動、全部含めての役割(使命)を考えるのが好きです。

ビジネス!マーケティング!キャッシュポイント!みたいな、横文字見ると頭痛くなっちゃうし。

販売戦略、経営計画、販路拡大!みたいな、四文字熟語を見ても面白くないけど。

どう売るか?なに売るか?だれに売るか?って自然と考えるし、そういう話をするのも楽しくて好きです。

米国MBTIトレーナーである、ナオミ・クエンクの言葉

我々は人の極端なところは気づくが、人の平均的なことにはあまり関心を向けない

ナオミ・クエンク

人の内面を「質の違い」と『量の違い」どちらで見るかによって、世界観って全然違うんです。

質の違いで見た場合

そもそも持っているものが違うと考えるので、比較や優劣をつけにくい。

全体として共通する要素はあるものの、それぞれが違うものを持っている、と言えます。

本来の「みんな違って、みんないい」とか「十人十色」は、こちらの意味合いです。

量の違いで見た場合

比較や優劣をつけやすい。

全体のなかで、どのあたりに位置するのかがわかるので、正常値・異常値(平均からどれだけ離れているか)という見方もできます。

現代の医学や心理学のほとんどが、人間の内面を数値化して【量】を測定するものです。

わたしは使命や才能も「質」の違いで見ていきたい。