みんな、みんな。抱きしめる

「こうなりたいな」と思う理想の自分を手に入れるために、仕事を通して能力や評価を求めてきた。

だけど、がんばっても、がんばっても。心は満たされるどころか

  • 孤独感
  • 苛立ち
  • 寂しさ
  • 苦しさ

といった感情が増すような気がして。

評価されるほど「欲しいのはコレじゃない」とか「みんな、わかってない」みたいな思考になって。

何度も「もうムリ、働きたくない」と思ったけど。完全に無職になってボーっとするなんて選択肢にもなかったな。

振り返ると、高校生のとき。唯一、自分が輝いていると実感できたのが居酒屋のアルバイト

だけど本当に満たしたかったのは

  • 勉強についていけない戸惑い
  • 部活でレギュラーになれない悔しさ
  • オシャレで可愛くてキラキラした友達への憧れ

それから

  • トラブルを起こした母への失望
  • 母をそんな状態にした父への怒り
  • 変わってしまった家族への混乱

こうした気持ちの部分。

当時は、自分に起きていることを言葉で表現できないので、気持ちの存在も自覚できず、ひたすら働くことに没頭したのだと思う。

それしか術を知らなかった。

本当に欲しかったのは気持ちだなんて。まさか!

こんな状態になったのは、バイロン・ケイティ・ワークを体験して、人と接しているときの性格の反応を生々しく体感したのが大きい。

すごい抽象的だけど、他者の存在を【頭】で認識していたけど、【心臓の位置】で感じるようになった。

ハウルの動く城ソフィーの名言「そうなの心って重いの」を体感してる。

これまでは関わった人を思い浮かべるとき、ボヤっと写真を眺めるように脳内でイメージしていたけど。いまは、心臓や胃のあたりに出てくる。

家族や、過去の上司や同僚、友達、元彼

苦手な人、嫌いだった人、わだかまりのあった人

今日話した店員さん、関わってくれた人たち

みんな、みんな

心のなかに入れて、包み込むことができる。胸の中心あたりで抱きしめるイメージができる。

それこそ石のように、ずっしり重いものを内蔵に感じるけど。

過去に関わってくれた人を思い出すと、生温かい感じで、なんだか妙にリアリティがある。

この現象を体感したとき、ボロボロ泣いた。

父や母を全否定して「あの人たちとは関わらない」と思った時期もあったけど。

受け入れられていた

支えられていた

たくさん愛されていた

いまも愛されている

こんな気持ちが湧いてきて、それを証明するような過去の記憶も蘇ってくる。

心と体がつながったのだと思う。とても穏やか。