変わりたいと思うほど集中できず動けない理由

自分に意識を向ける行為は、気力と体力をとても使うんですよね。

普段と違う視点で自分を見つめるのは、想像以上に脳に負荷がかかるのです。

モヤモヤしていた気持ちが言葉で表現できて「私が見つかった!」と高揚感でいっぱいになったとき。

しばらくすると、現実で大きなトラブルが起きるとか。体中の力が抜けて体調を崩すとか。

そういった現象も起きてきます。

頭と体はつながっているから。

頑張らなくていいんだと気づいたら、急にすべてのやるきが起きなくて、ぼーっとする時間が増える「好転反応」もあります。

なので、早ければいいってものでも、ないんですよね。

すぐに苦しい状況を脱したい気持ちは痛いほどわかるけど、焦るほど視野が狭くなるので。

とくに、いざ動こうと思うと体調が悪くなるのは、無意識の自己防衛が働いている可能性が高く、自分の意思でコントロールできないのですよ。

ホメオスタシスという本能によって、身体が命を守る態勢に入りますからね。

前日までは意欲満々だったのに、当日になると急にブレーキがかかる。

頭では「変わりたい」「次に行きたい」と思うけど、体が拒否しているんです。

ストレス状態で起きる現象を観察することも、大切な自己探求ですが。

自分と向き合うときは、できるだけリラックスして取り組む方が、良い結論に辿り着きやすくなります。

まずはたっぷり睡眠を取って、気力体力を回復させてから、ゆっくり振り返る時間を作るのがオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ばば ももかのアバター ばば ももか 心理カウンセラー

高共感体質の生きづらさ専門カウンセラー
このサイトは個人的な記録用の雑記ブログ。
ジャガイモが好きで雨に弱い。