本当に受け入れるべきことは抵抗が生まれる

自己否定して努力する期間が長かった人ほど、自分を受け入れることに大きな抵抗感が生まれます。

だって、否定して改善しようと頑張って来た部分だから。

「そっちに進んだらダメだから、一生懸命やってきたのに!!!」

「あんな風になりたいと思う姿は、実際の私とは真逆のタイプだったの!?!?」

みたいな、現実を直視する瞬間があるんですね。

たとえば、前回の記事で書いた「自分がないという自分らしさ」

人に流されやすく優柔不断じゃダメだから、強く自分軸を持って生きようと思っていたのに。

人の気持ちを優先して決断を後回しにする。それが自分だった。頑張って探さなくても既に自分を持っていた。

なーんて答えに辿り着くのですね。ガッカリしますよね。

私は、自分がマルチタスクだと信じて疑わなかったけど、究極のシングルタスクだと知ったとき、血尿が出ました(笑)

当時の記録↓

相対評価で自分を見ている

一筋縄に腹落ちしないのは、特性論的な見方が強いからです。

どうしても普通に生活していれば、自分を表現するときは相対評価になります。

親や先生、上司から言われたこと

過去の経験

こうした外からの情報で自分を評価し、足りないこと・改善すべき部分に目を向け、できないことができるようになる。

それが多数派の成長論です。

ここから「人と比べない自分」になるのは、わかっているけど難しい。

だって自分の持っているものは、ものすごーくダメな部分に見えるから。

ダメだと思う証拠ならたくさん出てくるんですよね。

悩んでいると、どうしても手っ取り早く現実を変える答えが欲しくなります。

たとえ耳が痛いことでも

「あなたは積極性が足りないので、もっと飲み会に参加してコミュニケーション力を鍛えましょう」

と明確に言われた方が行動に移しやすいです。

時間をかけて自分と向き合うメリットは、環境が変わっても応用できること。

私は類型論の見方を採用しているので、「あなたは○○タイプです」と断定や診断はしません。

本来の自分に気づけるように、情報提供したり、問いかけたりしてサポートします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ばば ももかのアバター ばば ももか 心理カウンセラー

高共感体質の生きづらさ専門カウンセラー
このサイトは個人的な記録用の雑記ブログ。
ジャガイモが好きで雨に弱い。