6年分の自分探しノート

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

先日新しくノートを買ったので、なんとなく記事にしてみようと思い立ち、過去の分も並べて写真を撮りました!

誰得なテーマですが。笑

  • どんなことを書くのか
  • 内容の変化

など、ご紹介したいと思います!

自分の感覚を振り返り始めた6年前

青いファイルは勉強ノート。ルーズリーフを収納しています。

こちら、6年分の日記と勉強ノートです。そう呼んでいるわけではないけど、なんとなく『自分探しノート』と名付けてみました。

日記を書く習慣は小学生の頃からありますが、自分の感覚を深掘りするために書く内容を意識し始めたのは、生きづらさ解消に乗り出した6年前です。

起きた出来事から、

  • 気持ち
  • 快適さ
  • 心地よさ

などの感覚を探して、それに対して考えたことを書くようになりました。(何も考えずに、気持ちを書き殴ることもありますが)

頻度はバラバラで、毎日の時期もあれば、1週間くらい放置することもあります。最近は、日記を書く頻度と日々のメンタル的な充実度が関係していることに気づきました。

書かない日が続くのは、タスクを消化していて、やることが明確になってるとき。書く日が続くと、モヤモヤが溜まって立ち止まるとき。

って感じです。

過去に書いたものは、そんなに見返すことはありませんが、たまにパラパラめくって当時を思い出すと、ふと気づきがあってブログネタになったり…ならなかったり( ̄▽ ̄)笑

内容の変化

今回わざわざ記事にした理由の1つに、内容が変化してきたことがあります。

6年前によく書いていたのは、

  • 自分に自信がない
  • 自分がわからない
  • 扱いづらい自分が嫌い

みたいな内容ですね。

最近は、

  • 自分からの要求(やりたいこと)
  • 自分に対する感謝
  • 自分を応援する言葉

こんな感じになりました。

数年前は、半ば無理やり「そうすれば現実が好転する」と聞いたから、書いていた感がありましたが。自然と当たり前のように、言葉が出てくるようになりました。

自分探しノートは絆の証

私のノートは日記なので、いわゆる『引き寄せ』『夢を叶える』みたいな、キラキラした類ではありません( ;´Д`)

  • 嬉しかったこと
  • 悔しかったこと
  • 悲しかったこと

などがあったとき、「なぜ、そう感じたの?」「何がそうさせたの?」と自分に質問して。誰にも見せないからさ。言葉を選ばなくていいから、ここでは本音を書きなよ。みたいな雰囲気で書いてきたものです。

今振り返ると、どのページにも奮闘した跡が見えて、愛着が湧いてきます。こうやって、自分との絆を作ってきたんだなぁって。

これからも、たぶん進化を続けるであろう、自分探しノート(日記)の紹介でした!

おまけ

勉強ファイルの中身がこちら↓

そのとき興味があることとか、参考になった本の内容をまとめたりしています。

ルーズリーフに書いて収納していたけど、やっぱり日記と同じa5サイズが良いなぁと思ったり。色々試しています!

◇こちらもオススメ◇

HSS型HSP気質な個性研究家|心理分析士|気質と性格から『個』の『性質』を知り、自分らしいライフスタイルを作る方法を発信中

関連記事