6年分の自分探しノート

先日新しくノートを買ったので、なんとなく記事にしてみようと思い、過去の分も並べて写真を撮りました!

誰得なテーマですが。笑

書いていることや内容の変化など紹介したいと思います!

目次

自分の感覚を振り返り始めた6年前

こちら6年分の日記と勉強ノートです。記事を書くにあたって、なんとなく自分探しノートと名付けてみました。

日記の習慣は小学生からあるけど、書く内容を意識しはじめたのは生きづらさ解消に乗り出したころです。

起きた出来事から気持ちを探して整理するようになりました。(何も考えずに気持ちを書き殴ることもある)

頻度はバラバラで、毎日書くときもあれば1週間くらい放置したり。最近は日記の頻度と日々のメンタル的な充実度が関係していると気づきました。

書かない日が続く

やることが明確でタスクを消化してる

書く日が続く

モヤモヤが溜まって立ち止まる

って感じです。

過去に書いた内容はあまり見返さないけど、たまにパラパラめくって当時を思い出すと、そこからブログネタになったり

…ならなかったり( ̄▽ ̄)笑

内容の変化

わざわざ記事にした理由は、内容が変化してきたから。

6年前によく書いていたこと

  • 自分に自信がない
  • 自分がわからない
  • 扱いづらい自分が嫌い

みたいな内容ですね。

最近

  • 自分からの要求(やりたいこと)
  • 自分に対する感謝
  • 自分を応援する言葉

こんな感じになりました。

数年前はポジティブに考えれば現実が好転すると聞いたから、無理やり書いた感があったけど。

最近は当たり前のように前向きな言葉が出てくるようになりました。

わたしのノートは日記なので、いわゆる引き寄せとか夢を叶えるみたいなキラキラした類ではありません( ;´Д`)

気持ちが動いたときに「なぜ?何がそうさせたの?」と自分に質問して。

誰にも見せないからさ。言葉を選ばなくていいから、ここでは本音を書きなよ。

みたいな雰囲気で書いてきたものです。

いま振り返ると、どのページにも奮闘した跡が見えて、こうやって自分と絆を作ってきたんだなぁって愛着が湧いてきます。

これからも進化を続けるであろう自分探しノート(日記)の紹介でした!

【追記】進化した結果、断捨離しました!

2022年4月12日追記

年末年始で断捨離をして、6年分の日記、セミナーや講座の資料、勉強ノート、本など、ガッツリ整理したんですね。

初めて自分探しノートを冷静に振り返って、いろいろデータをまとめたら、ブログ記事の書き方とか、同じような内容を何度もメモしていて。

「ノートに書いてまとめた」っていう記憶はあるけど、全然身についてなかったことに気づきました。

日記や、講座の資料とかも。書いて満足している部分があって、せっかく保存しても活かしきれてなかったなぁって。

自分を表す言葉を集めることと、自分の言葉を増やすことって、別物なんだなぁと気づきました。

日記はブログのネタにもなるから頻繁に見返してたけど、もっと意識して振り返る習慣をつけたい!

どう感じたか?を書くのが大事

読書して気になった言葉をノートにまとめたり、ネットで心に響いた記事をスクショしたり。

なんとなくアウトプットしている気になっていたけど、これインプットの範疇なのか?と思ったの。

他人の言葉を暗記しているだけだから、自分の言葉が増えないのか!って気づきました。

すっごく当たり前のことなんだろうけど、書き写すだけじゃ意見は生まれないのよね。そう、自分の言葉とは意見だ。

どう感じたか、なにを学んだか、どう活かせるのか。アイディアが生まれるように、ストックした情報も活用していきたい。

そもそも「自分の言葉」ってなに?

こんなこと言いつつ、そもそも「自分の言葉」ってなに?とも思う。

他人の言葉に影響をうけて、そこから意見をプラスしたら自分の言葉になるの?そこに他人の言葉が混ざっている場合は?

言葉って不思議ですね。

「わたしは何者か」っていうアイデンティティが欲しくて、内面の名前を探していたけど。経験からも自分を表現できると気づきました。

ただし、いまだから取り組めるなぁとも思う。

もし、暗中模索の状態だった6年前に「経験から意見を考えよう」とか言われても

そのまえに、自分で選んだ感覚がないんだってばよ!!!

って、反発していたと思う。

自分の意見がわからないから、だれかにビシッと定義して欲しくて、外側に探しているので。

しばらく探しまくって、集めまくって、ひと段落したら、「なにが言える?」と考えるタイミングを持つといいのかなぁと思う。

そこから、意見や信念が生まれて、自分の言葉になっていくのだと思う。

ボヤっとした気づきの報告記事になったけど、読んでいただいて、ありがとうございましたー

目次