生きづらさ解消に鋼メンタルはいらない

生きづらさを感じるときって、社会と関わっているときだと思う。

周りの人が、みんな自信満々で輝いて見えて。悩みなんてなさそうで、「私は何で、こんなに弱いのか」と落ち込む。

ちょっとしたことで、この世の終わりかと思うくらいモチベーションが下がって、立ち直るまで数週間かかることも、あるかもしれない。

そんな自分との付き合いも長くなると、【強靭なメンタル】が手に入れば、人生バラ色になるのではと思えてくる。

鋼メンタルはサイボーグ

ところで、鋼メンタルって、ガチガチに装備して強くなるイメージ?

防御レベル99くらい?

どんな逆境にも動じなくて、いつも前向きで笑っている姿をイメージしているのかな。

 

私は思うのだけど。

鋼を纏ったら、もはやサイボーグみたいだよ。

感じるのがツライのは、とてもわかる。気持ちが揺さぶられるのは、ものすごくエネルギーを使って疲れるからね。

落ち込むのも、舞い上がるのも。人間らしい感情に触れているときって、色んなことが頭に浮かぶから消耗する。

その一切をやめられたら、どんなに楽だろう。決して傷つかず、落ち込まず。

何も感じなくなれたら…

豆腐メンタルのままで生きやすくなる

ちょっと、私の提案を聞いてくれる?

豆腐メンタルのままでいいの。それでも生きやすくなるから大丈夫。絹ごしでも、木綿でも。どっちでも大丈夫。

強く感情に揺さぶられやすくて、目の前のことに流されやすくても。そこを改善せずに、生きやすくできるから。

豆腐なら豆腐なりの、生存戦略がある。

 

まずは、絹か木綿か判別するところから、やっていこうか。

絹だからって落ち込むことはないよ。

崩れやすくて、すぐボロボロになってしまうなら。そのたびに、また形作ればいい。

どんなときに崩れてしまうのか、観察してみようか。崩れる具合を軽減できるかもしれない。

少しずつ、自分の豆腐を大事にしてみない?

鋼メンタルじゃなくても、必ず輝けるから大丈夫。

ブログの感想や質問などはメルマガからも送信いただけます。
個別の返信はできないこともありますが、全てに目を通して全体の配信に反映しています♪
無料メルマガ

HSS型HSP気質な個性研究家|心理分析士|気質と性格から『個』の『性質』を知り、自分らしいライフスタイルを作る方法を発信中

関連記事