プリンセスタイプ

ジャスミン&ベル最大の魅力「いつも何か物足りない」

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

この『プリンセスタイプ論』では、ディズニープリンセスに例えながら、使命や天職を解説していきます。

本来のキャラクターを知ると、お金や仕事、恋愛などの人間関係にも良い影響が出てきますので。

今回は、ジャスミン&ベルタイプの解説です。

このプリンセスタイプは成長しても変わりません。「10代はシンデレラタイプだったけど、今はエルサタイプ」というものではないです。

ジャスミン&ベルタイプ

基本スペック

〇自分の本当の望みは絶対叶わないと思う

〇自分ばかり損していると思う

〇能力が適切に評価されていないと感じる

〇職場やパートナーを変えればもっと豊かになれると考える

〇人助けやサポートをするのは当たり前でしょ?

〇いつも何かが満たされない気持ちでいる

〇人心掌握術は大人の教養として磨いていきたい

〇相手が誰でも権利は主張していく

ジャスミンやベルタイプは、自身の欲に忠実で、物質的な豊かさを手に入れるのが得意です。

そのために、普段から「何か物足りない」という欠乏感が強いんですね。

窮屈なお城や、古臭い街に不満を持ち、広い世界に飛び出すことを夢見ています。

エルサ&ラプンツェルが持つ「特別感」を探し続ける

ジャスミン&ベルは、女性の社会進出を象徴したキャラクターです。

男性にもビシバシ主張して、相手を自分色に染める力を持っています。

その原動力は、「もっと特別になりたい」です。

エルサ&ラプンツェルタイプは、人と違った人生を歩んだり、能力を抑えつけられたりしますが、そこに自分を重ねて、憧れすら持っていることも。

そして、偉大な功績を得るために並々ならぬ努力をします。

それは、

  • もっとできるはず
  • 自分だけ損してる
  • 誰も本当の望みは理解してくれない

という、物足りなさを感じる初期設定があるからです。

組織や男性を利用した方が上手くいく

このタイプは、「男や会社にしがみつくなんて、とんでもない!」と思う傾向にあります。

ジャスミンがお見合いに嫌気がさして家出したように、外の世界に出れば正当な評価が得られると思っているんですね。

だけど、結局は大事なところで「私は王女よ!」と、社会的な立場を利用して、問題を解決していくのです。

ベルも、冒険を夢見て読書しますが、最終的には野獣(王子様)と結ばれることで、新たな世界を手にします。

組織や男性を上手く利用した方が、想像以上の結果を得やすいのです。

「いつも何か足りない」が最大の魅力

特徴だけ見ると、ワガママ姫のように見えますが。

ワガママって、人や社会を動かす膨大なエネルギーを含んでいるんですよね。

現状に満足できない!どれもこれも違う気がする!

という、欲求が新たなサービスを生むので。

ジャスミン&ベルタイプが抱きがちな「いつも何か足りない気がする」という感覚は、最大の魅力なんです。

起業家や経営者にも、このタイプは多く存在します。

堂々と、ランプの精という名の、組織や人に助けてもらった方が、望みが叶いやすいです。

※ここで解説したのは、心身のエネルギーの注ぎ方、モチベーション、人との関わり方の話です。

※能力的な優劣ではありません。

※自分のタイプは誤認しているケースが多いです。「これ私!」と思った方はシンデレラの可能性があります。