人と境界線を引くのは自分勝手?傷つける?

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

人と境界線を引くことに抵抗がある人は、それが『凶器』になると思っています。

相手の要望を断るのは、自分勝手で傷つける行為だと感じてしまいますが、実際は自分も相手も守る手段なのです。

境界線への抵抗チェック

あなたは、境界線を引くことに抵抗を感じていませんか?

次に挙げた8つの項目に、どれくらい当てはまるかチェックしてみてください。

●境界線を引くのは自分勝手だ

●境界線は反抗の現れである

●境界線を引き始めると、人に傷つけられる

●境界線を設定すると、他人を傷つけてしまう

●境界線を意識すると、怒りっぽくなる

●他者が境界線を設けると私が傷つく

●境界線は罪悪感を生む

●境界線は一度引いたら撤回できず、他者とのつながりを切ってしまうのが恐い

 

これらは、境界線に対する思い込みです。

境界線とは、居心地の良い人間関係を作り、自分を適切に守るものなのです。

境界線が人を傷つける?

他者との間に境界線を引いたとき、相手から「あなた変わったね。もう私のこと好きじゃないの?」とか、「態度冷たくなったよね」と言われて、傷つけてしまった…と罪悪感を抱くかもしれません。

では、本当に相手は傷ついているのでしょうか?

 

よく観察してみると、境界線を引いたときに嫌な顔をする人は、普段から文句が多かったり、怒りやすかったりします。

相手は反射的に言葉を発しただけで、あなたの態度自体は深く気にしていないかもしれません。ということは、境界線と人を傷つけることは、必ずしも一致しないと言えます。

抵抗する感情に気づく

境界線は、自分と相手を適切な距離に設定し、お互いが心地よく関係を続けていくための機能です。

限界を設定するときに、次のような感情を抱いていないか確認してみてください。

●相手の感情を傷つけることへの恐れ

●見捨てられたり別れたりすることへの恐れ

●他者に完全に依存したいという願い

●他者の怒りに対する恐れ

●罰せられることへの恐れ

●恥をかくことへの恐れ

●悪人または自分勝手と思われることへの恐れ

●道徳的ではなくなることへの恐れ

●(行き過ぎた)自分の良心への恐れ

 

まずは、これらの感情を『持っている』と自覚することが大切です。

「あぁ、私は母の要望を断って、見捨てられるのが恐かったんだな」

「上司の依頼を断ったら、仕事できないと思われそうで恥ずかしかったんだな」

という感じで、ただ気づく。

 

感情は、無理に変えようとせず、湧いてくるままに味わい尽くすことで、自然と落ち着く仕組みなので。境界線に対する抵抗も、気づいて感じ切ることで、自然に行動する勇気が湧いてきます。

関連記事

境界線を持たない人の会話「母親にノーと言えない」

健全な境界線を作る3ステップ

関連記事