自分らしさ

エニアグラムのタイプ4が私すぎて心えぐれる

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

エニアグラムの本を読んでいるんですが、タイプ4の説明が私すぎて、

いでででででで( ;∀;)

と、心えぐられています。笑

1年前にセルフチェックしたときは、タイプ1だと思ったのですが。自己理解が進んだ今、改めて見てみるとタイプ4の解説が心に染みます。

タイプ4は統合するとタイプ1に向かうようなので、最初の診断も間違ってなかった…かも。

今回は、とくに気になった表現をまとめました。

エニアグラムのタイプ4は個性的な人

エニアグラムのタイプ4は、別名『個性的な人』と呼ばれています。

ロマンティックで内省的な特徴があるそうですが。

私は、次の説明がクリーンヒットしました。

タイプ4は自分の自己イメージや性格、あるいは自我の構造そのものについて、よくわからないことを認めるのが常です。

引用:新版エニアグラム【基礎編】

逆に、なんでみんなアッサリ「自分ってこういう人間」と思えるのか、不思議でした。

どれだけ心理学を勉強して、社会に揉まれて人と関わっても、人間はわからないし、自分はもっとわからない。

だから面白い、追求したいんだ、と気づいたのは最近です。

自分のことは自分が1番わからないと思っています。

誰も私のことをわかってくれない

うん、著者の方は私のことを見ていたのかな?( ゚Д゚)

「伝わらない感」の正体と記事を書くくらい、理解して欲しいという気持ちが強いようです。

でも、最近は以前ほど拘りがなくなった気がしていて、私がやりたいことやってれば、それでよくない?と思うようになってきました。

っていうか、自分のことは自分が1番よくわかってないので、誰かに正確に理解してもらうことはできないし。

 

だからこそ、「あなたが見ている私って?」と知りたくなるし、そこから発展して「あなたは世界をどう見ているの?」という話がしたくなるんです。

自分とは、人とは、認知とは、という感じで探究すること自体が、私の人生のテーマなのだと思います。

自分がやりたいときにやりたいことをする

散々人に言われて、つい最近やっとマイペースを自覚しました。

人が合わせてくれていることすら、よくわかっていなかったので、「マイペースだよね」と言われてもピンと来なかったのです。

自覚してから周りを見てみると、みんな私に負担のかからないように、接してくれているのに気づきました。

 

能力の凸凹が大きくて。

自分がやりたいと思ったことは、飲まず食わずで、何時間でも集中してやり遂げます。

8時間が1時間に感じるくらい集中します。

でも、やりたくないときに人から言われて、気持ちが乗らないままやると、露骨に成果物に影響が出ます。

自分で自分がメンドクサイと、よく思います(-_-)笑

私は私でなければ

自分が何者かわからないけれど、「何者かわからない」と思っている私自身は、強く感じています。

強烈な自我を持ちながら、尚且つアイデンティティを探しているという。

 

というか、私が私であることが、唯一正常な状態を保てる手段だと、どこかで感じているのだと思います。

私を保てず消えてしまうのが怖いのです。

コイツやばいなと思ったら、すぐ画面を切り替えてくださいね。笑

まとめ

タイプ4の特徴を挙げてみたけど、書いてて恥ずかしい(;´Д`)

タイプ論の診断は、最初の答えが全てではなく、むしろ自己理解を深めながら、本来のタイプに辿り着く過程で、自己受容が進む仕組みなので。

私のタイプも、どこかで全然違うものにひっくり返るかもしれないけど。

現時点では、タイプ4の説明がとても参考になりました。

 

関連記事
日本エニアグラム学会の無料説明会に参加してきた

知的変容型エンパスの見ている世界