エニアグラムのタイプ4が私すぎて心えぐれる

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

エニアグラムの本を読んでいるんですが、タイプ4の説明が私すぎて、

いでででででで( ;∀;)

と、心えぐられています。笑

1年前はタイプ1だと思ったけど、改めて見てみるとタイプ4の解説が心に染みます。自分がわからない、やりたいときにやりたいことをする、など。

ここでは書籍から自分の特徴を表しているなーと感じた部分を紹介します。

エニアグラムのタイプ4は個性的な人

エニアグラムのタイプ4は、別名『個性的な人』と呼ばれています。ロマンティックで内省的な特徴があるそうですが。

私は次の説明がクリーンヒットしました。

タイプ4は自分の自己イメージや性格、あるいは自我の構造そのものについて、よくわからないことを認めるのが常です。

引用:新版エニアグラム【基礎編】

逆に、なんでみんなアッサリ「自分ってこういう人間」と思えるのか不思議でした。

どれだけ心理学を勉強して社会に揉まれて人と関わっても、人間はわからないし、自分はもっとわからない。

だから面白い、追求したいんだと気づいたのは最近です。

誰も私のことをわかってくれない

うん、著者の方は私のことを見ていたのかな?( ゚Д゚)

わからないと言いつつ、「理解して欲しい」「理解したい」という気持ちが強いようです。

最近は以前ほど拘りがなくなった気がしていて、私がやりたいことやってれば、それでよくない?と思うようになってきました。

っていうか、自分のことは自分が1番よくわかってないので、誰かに正確に理解してもらうことはできないし。

だからこそ、「あなたが見ている私って?」と知りたくなるし、そこから発展して「あなたは世界をどう見ているの?」という話がしたくなるんです。

自分とは、人とは、認知とは、という感じで探究すること自体が、私の人生のテーマなのだと思います。

自分がやりたいときにやりたいことをする

散々人に言われて、つい最近やっとマイペースを自覚しました。

人が合わせてくれていることすら、よくわかっていなかったので「マイペースだよね」と言われてもピンと来なかったのです。

自覚してから周りを見てみると、みんな私の負担にならないように接してくれていると気づきました。

タイプ4は、自分が一体化(同一化)している感情を支える環境を培うことによって気分(ムード)を維持します。

したがって、彼らは多くの場合、美的でエキゾチックなものに惹かれるのです。

引用:新版エニアグラム【実践編】

能力の凸凹が大きくて。

自分がやりたいと思ったことは飲まず食わずで何時間も集中してやり遂げます。8時間が1時間に感じるくらい集中します。

でも、やりたくないときに人から言われて気持ちが乗らないままやると露骨に成果物に影響が出ます。

自分で自分がメンドクサイとよく思います(-_-)笑

私は私でなければ

自分が何者かわからないけれど、「何者かわからない」と思っている私自身は強く感じています。強烈な自我を持ちながら、尚且つアイデンティティを探しているという。

というか、私が私であることが唯一正常な状態を保てる手段だと、どこかで感じているのだと思います。

私を保てず消えてしまうのが怖いのです。

コイツやばいなと思ったら、すぐ画面を切り替えてくださいね。笑

まとめ

タイプ4の特徴を挙げてみたけど、書いてて恥ずかしい(;´Д`)

タイプ論の診断は最初の答えが全てではなく、むしろ自己理解を深めながら本来のタイプに辿り着く過程で自己受容が進む仕組みなので。

私のタイプも全然違うものにひっくり返るかもしれないけど。現時点ではタイプ4の説明がとても参考になりました。

▽読んだのはこちら▽

追記:実はタイプ6でした!

エニアグラム研究所[日本](C+F研究所)の入門ワークショップに参加して、直接説明を聞いたらタイプ6でした!爆

タイプ6はタイプ1、4と誤認しやすいようです。

はしゃいで記事書いておいて恥ずかしいですが、これも良い事例だと思ったのでタイプ6がタイプ4と誤認する理由を考察しました。

詳しくは下の記事をご覧ください。

関連記事
日本エニアグラム学会の無料説明会に参加してきた

知的変容型エンパスの見ている世界

関連記事