• HOME
  • 雑記
  • 人との違いを知ると「みんな同じ」と気づく

人との違いを知ると「みんな同じ」と気づく

小さい頃から、集団に入ると、周りの出方を見てから、自分の振る舞いを決めるところがありました。

記憶の中では、4歳頃から。

『幼稚園』という集団の中で、先生の期待を察知して、他の園児たちが求めていることを読んで、「私は何をすればいいのか?」と考えていた気がします。

無意識でしたが。とくにキッカケはなく、気づいたら自然とそういう振る舞いをしていた感じです。

先生たちから「ももちゃん先生」と呼ばれるようになり、ならば私はその役割を担えばいいのかと、当たり前に受け入れ、先生の言動を観察し、同じように振舞うようになりました。

そして、先生から褒められたり、友達から求められるようになると、「私はここにいる」と感じるのです。

家族に対しても

思春期の頃に、両親が離婚の危機に陥ったときも。

「家族がバラバラにならないために、私はどんな振る舞いをすればいいのか?」と考え、母が求めていることを読みました。

  • 笑顔で家事を手伝ってくれる、ももちゃん
  • 言わなくても手伝ってくれる、ももちゃん
  • ご飯を美味しそうに全部食べてくれる、ももちゃん

 

なるほど、そこを抑えれば安心して気が休まるのね。ならば、私は笑顔で母を全肯定する子どもになればいいのかと思い、その通りに振舞いました。

母の頭の中に映る【理想のももちゃん像】を目いっぱい想像し、それを自分の体を通して具現化するのです。

それで母が笑顔になり、寂しさが薄れ、家族の中に居場所を見出して欲しいと思ったのです。

社会人になっても

社会人になっても、やることは同じです。

  • その集団が何を目的に作られたのか?
  • 誰が最も影響を与えていて、その人はどうしたいと思っているのか?
  • 私に求められていることは?

と考えて、周りの言動を観察し、脳内にダウンロードしていきます。

そして、全身全霊で同じように体現していくのです。

誰かの望む「誰か」として振舞うとき、自分のキャパや、好き嫌いや、スキルの有無は、眼中にありません。

だから、上手くできないと、ただただ自分を責め、行動や知識が足りないのだろうと思って、勉強したり、周りに働きかけたりします。

体調を崩していることにも気づかず、次第に心にも影響が出て、ある日突然1歩も動けなくなってしまうんです。

コピーしないと私が消えちゃう

なぜ、同じようにできないの?「みんな」はできるのに、なぜ私はできないの?

これが私の進む道だったはずなのに。求められることをコピーして体現しないと、私を見てもらえない。私が消えちゃう。

そんな罪悪感、不安、焦り、といった感情に、いつも支配されていました。

 

自分の何かは間違っていて、欠陥品で、受け入れてもらえない存在なんだ。だけど、その気持ちを表に出したら社会で生きていけないでしょ?

だって「みんな」はそんなこと言わないし、私にその気持ちを出すように言わないし、「みんな」が正しくて、全てを知っているんだろうから。

 

こんな風に考えていたようですが、自覚はありませんでした。

自分をわかって欲しいとも思わなかったし、もっと「こうしてよ」と要求することもありませんでした。

そして、人に期待していないことも無自覚でした。

気質と性格の違いを知ったら「同じ」だとわかった

人生30年以上、こんな感じでしたが。

気質や性格について知れば知るほど、自分が浮き彫りになって、どれも私の特徴だとわかったのです。

浮き彫りになった自分を基準に、他の人も観察してみると、みんな同じように「罪悪感」「不安」「焦り」を持っているのだと知りました。

私がずっと、知らずにコピーしていた感情は、みんな隠しているだけで心の中に持っているのだと。

「みんな」と「私」は違うのだと気づいたら、実はみんな同じだったとわかりました。

違うけど、同じ。だから、一緒にいる。それでいいのだと思います。

 

関連記事▷「助ける人」は「助けられる人」より偉いのか?

ブログの感想や質問などはメルマガからも送信いただけます。個別の返信はできないこともありますが、全てに目を通して全体の配信に反映しています♪
無料メルマガ

関連記事