何気ない日常

私がブログに広告を貼らない理由

このブログには、いわゆるネット広告を掲載していません。

ですが、TiwtterのDMでシェアの依頼があったり、ネット広告の会社さんから直接お誘いを受けたりするので。

自分の考えを整理するために、ブログに広告を貼らない理由を初めて言語化してみようと思います。

よく知らない会社やサービスの紹介をしたくない

ネット広告を貼らない1番の理由は、よく知らない会社やサービスを紹介したくないからです。

数年前は、G先生の自動広告(アドセンスと呼ばれるもの)を貼っていたこともあったんですが。

知らない会社のセミナー案内とか、心理カウンセラーの資格案内とか、表示されるわけですよ。

仕事に関する記事もたくさん書くので、転職サイトの広告とかね。

でも、私はその会社を利用したわけでもないし、そのサービスがどんなものか知らない。

 

表示される画像やキャッチコピーに共感できないのに、掲載していることに違和感を持ったので。

設定で内容を制限しても限界があるので、自動広告は貼らないと決めました。

目に入る情報をシンプルにしたい

このブログの読者さんは、繊細で共感力の高いHSPさんがほとんどです。

無意識でも、目から入ってくる情報に大きく影響されるので。

私は、生きづらさの解消に、ネット検索やSNSを一時的にやめる【情報断食】を提案しているんですね。

他人の声をシャットアウトする時期を作る。

…と言っているのに、広告を貼って目に入る情報を増やすのって、言ってることとやってることがズレてない?

と、自分で思うわけです。

広告だらけのブログが好きじゃない

これはもう、個人的な好みです。

ブログを書くのも読むのも好きなんですが、広告だらけだと読みづらいんですよね。

最近は、ページを切り替えるたびに、ど真ん中にドーンと現れる広告もあります。

「いや、広告が見たいんじゃなくて、その先の情報が欲しいんだけど。」

と思うし、正直邪魔だと思ってしまう。

自分のブログは自分が1番見るので、できるだけシンプルにしたいという、ただの勝手な拘りです。

実際に体験したものだけ紹介する

自動広告は貼りませんが、本の紹介をするときアマゾンのリンクを貼ります。

商品やサービスを紹介することもあります。

それは、自分が実際に体験したり読んだりして、何か質問されてもちゃんと答えられるレベルに知っている状態なので。

リンクを貼らせてもらっています。

アマゾンで紹介した本は、購入されると少しだけ紹介料をもらっていますが。

私のブログからの広告料はそんなもんです。

G先生に依存せずに運営したい

広告を意識すると、金太郎飴みたいなサイトができます。(個人の見解です)

単価の高い広告や、掲載する側にメリットのある広告を選ぶと、自然とそうなると思います。

 

じゃあ、広告の単価は誰が握っているのかと言えば、G先生です。

※G先生=ごーぐるさん

この世界で発信している限り、先生に首根っこを掴まれている状態なのです。

先生の気分で順位が変動し、広告単価が決まり、手に入る情報が変わる。

みんなが右を見ているときに左に行きたくなるタイプなので、先生に目を付けられない程度にルールは守りつつ、依存せずに運営していきたいです。

紹介したいのは「人」

製品やサービスを紹介することもありますが、それは「人」を紹介しているんです。

会社には人がいて、想いがあって、その結果製品やサービスができる。

私は製品やサービスの紹介を通して、「人の想い」を届けたいと思っています。

 

上から目線で申し訳ないですが、どんなに人気の商品でも、高いお金がもらえるとしても、人に共感できなければ紹介しないと決めています。

メールやDMで依頼されたり、お誘いをいただいても、「人」に興味が持てなければお断りします。

逆に、面識がなくても「人」や「想い」に興味が湧けば、色々とバックボーンを調べたうえでご紹介するかもしれません。

それでも、実際に自分で使ったり、お会いして人柄を確認したり、といった過程は必須です。

素直な感想が読者さんの1番の利益

ということで。

初めて言語化してみたので、上手くまとまらなかったですが。汗

製品やサービスを紹介するなら、その会社の従業員なったつもりでプレゼンするのが好きです。

私が自分にウソをつかずに素直な感想を書くことが、読者さんの1番の利益になると思っているので。

ご理解いただけると嬉しいです。