なんで働かなきゃいけないの?

ずーーーっと不思議だったんですけど。

なんで働かなきゃいけないんですかね(´_ゝ`)

生きていくため?生き吸って吐くだけでお金かかるから?税金、保険、家賃を払わなきゃいけないから?

なんか、それってツマラナイ。

 

仕事は仕事と割り切れないタイプだからかもしれないけど。「働かなきゃ生活できない」のであれば。

専業主婦の方は?学生は?

それぞれに役割がある。うん、いいでしょう。

家事や育児だって大変だし、働く=生活と定義するなら、それも立派な仕事だ。

 

仕事を何かの価値提供とするなら。

学生が学校に通うことで、学校の先生は「働きがい」を感じることができる。赤ちゃんだって、親に「育てがい」を感じさせてあげることができる。

とすれば。

生きているだけで、みんな何かしら役割があって、与えるし与えられているし。それって、価値を提供しているのだと思うのだけど。

 

なぜ、大人になったらお金を稼ぐのが当たり前、みたいな雰囲気なの?それが資本主義だから?そういう時代に生まれちゃったから?

でも、お金稼がなくても生きている大人はいるよね。山の中で自給自足している人とか。

私が関東圏にいて、地方暮らしを経験していないから、【働く=企業に勤めて労働する】みたいな考えになるのかな。

いやいや、企業に勤めなくても。都会に行くほど、フリーランスや起業は身近になる(気がする)

 

じゃあ。

なぜ、私は地方に移住して農業したり、自給自足の生活をしようと思わないんだろう。

私にとって、「働く」「仕事」とは何なんだろう?

 

ひとつだけ、わかっている。

私にとって働くことは、ご飯食べる、友達と遊ぶ、旅行に行く、勉強する、と同列なんだ。

働くことで人と交流できて、新しい世界が見れて、知識も手に入って、ご飯も食べられる。仕事をすれば、人生に必要な要素のほとんどが得られてしまう。

よく人から「もっと遊びなよ」と言われるけど。遊ぶための遊びには興味ないし。

それに、仕事を仕事と意識した瞬間に世界は灰色に染まって苦しくなる。「仕事だからやらなきゃ」なんて考えないし、「○○も仕事のうち」とも考えない。

ステータスや年収基準で仕事を選ぶこともなくて。いつも、新しい経験ができそうか、その業界に興味があるか、収入が減ってもやりたいことかを考えて飛び込む。

 

そうか。

私は、「仕事」が好きなのではなく、「働くこと」そのものが好きなんだ。

だから、職業名や業種に縛られたくない。肩書がつくと捨てたくなる。いつも自由にフワフワと、色んな仕事を経験しながら働いていたい。

それが私にとって生活そのもの、人生そのものだから。

ブログの感想や質問などはメルマガからも送信いただけます。個別の返信はできないこともありますが、全てに目を通して全体の配信に反映しています♪
無料メルマガ

HSS型HSP気質な個性研究家|心理分析士|気質と性格から『個』の『性質』を知り、自分らしいライフスタイルを作る方法を発信中

関連記事