感情思考

3Dアンナと2D黒岩「人間関係」捉え方の違い

思考法とは、物事の捉え方を指します。

目の前の出来事を

  • 視覚
  • 聴覚
  • 言語

どれを優先して使っているかで、世界の見方が変わってくるんですね。この違いは、人間関係の捉え方にも影響します。

今日は、視覚優位な3Dタイプ(アンナ)と聴覚&言語優位な2Dタイプ(黒岩)が、それぞれ人との関係をどう見ているかを解説していきます。

「アンナと黒岩って誰?」という方>>【分断を生むエジソン】上納アンナと黒岩仁の人物像

2D黒岩さんは【序列】を見る

2D思考をする黒岩さんは、出来事を音とリズムで捉え、時間軸があります。

時間軸があるとは

時間軸がある黒岩さんは、

過去→→→現在→→→未来

と考えられるので、目の前で起きている出来事は、過去から繋がっていて、その延長で未来に向かうと【当たり前に】考えます。

時間軸を持つ人が集団社会に入ると

時間軸があるということは、時系列で物事を記憶するので【序列】の概念を持ちます。

年齢や立場の意味がわかるので、集団に入ると組織図のように人を捉えます。

会社では、こんな感じですね↓

人の歴史や背景を見る

時間軸があり、物事を1つ1つの出来事の連続(繰り返し)だと理解するので、年齢や社歴によって立場が作られるのだと思っています。

だから、上下関係や序列がちゃんと見れる。

3Dアンナちゃんは【現象】を見る

3D思考をするアンナちゃんは、出来事を視覚中心で立体的に捉え、時間軸がありません。

時間軸がないとは

時間軸がないアンナちゃんは、

過去現在未来

と捉えるので、現在も過去も同じ「今」として考えます。そこに連続性はなく、ただ【現象】として記憶します。

過去とか現在と考えないので、その先に未来が続いていく、という捉え方もしません。

現在現在現在

のような感覚です。あえて時間の概念を入れるとすると、脳内はこんな感じ↓

時間軸がない人が集団に入ると

アンナちゃんは「物事は時間軸に沿って進む」という感覚がないので、年齢や序列といった概念が理解できません。

黒岩さんとの比較のために2Dで表現すると、人間関係はこんな感じで見ています↓

実際は3Dなので、こんな感じ↓

歴史や背景よりも「今見えるもの」

アンナちゃんが会社に入ると、時間軸がないので、

  • 年齢や社歴で立場が決まる
  • 過去の積み上げでルールがある
  • 年功序列で自分のポジションを見る

といった、社会の暗黙の常識が理解できません。

人との関係はこんな感じ↓

社歴30年の管理職も、入社3年目の若手も、「今ここにいる人」です。

過去の歴史から積み上がって、今のルールや体勢があるという考えができないので。

「今必要ないなら辞めればいいじゃん?」と早々に結論を出し、周りを驚かせることも。

社会の繁栄に黒岩さんの力あり

私は3D思考なので、黒岩さんの解説は自分の中にない概念を中心に取り上げました。

実は今まで、時間の概念があって、序列や正規のルールで進めようとする黒岩さんの優しさを「面倒くさくてツマラナイ」と思ってたんですね(;・∀・)

思考法の違いを理解できて、

私の気づかないところで黒岩さんがフォローしてくれていたのか!

と、心から感動したのです。涙

社会が繁栄していくには、黒岩さんの再現性を持たせる思考や、序列や立場を理解した調整能力が欠かせません。

社会の繁栄に黒岩さんの力あり!ですね。